母音によって発声のしやすさが変わる理由とその解決法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

今回は、母音によって発声のしやすさが変わる理由とその解決法

についてお話をしていきます。

「「あ」だと歌いやすいのに「う」や「い」だと

歌いにくいなあ。

いろいろ工夫して何年も歌っているのに改善しない…。」

そんなあなたの疑問に答えます。

 

1.母音によって発声のしやすさが変わる理由とは

母音によって発声のしやすさが変わる理由は、

ズバリ「喉」と「母音」が悪い状態で連動してしまうからです。

・「ウ」「イ」の発声では喉頭が極端に上がる

 

・「オ」の発声では喉頭が極端に下がる

 

・特定の母音では声がひっくり返りやすくなる

これらは例えでしかないですが、こんな症状は

喉の根本的な筋肉群やそれを司る神経支配に問題があると同時に

喉と母音が悪い状態で連動してしまっていることが原因です。

 

この「母音」が「喉」に与える悪い影響をなるべく

減らすために行うのがボイスとレーニングというわけですね。

 

2.小手先のテクニックではどうにもなりません

非常に残念なことに、この母音と発声の問題は小手先のテクニックではどうにもなりません。/(^o^)\

「1.母音によって発声のしやすさが変わる理由とは」でもお話したとおりでして、

母音と喉が悪い状態で連動してしまうことを防ぐトレーニングをしなければならないからです。

 

では、具体的に、小手先なテクニックとはどういったものかということを

挙げておきますね。

 

2-1.口の開き方を微妙に変える

口の開き方を微妙に変えるという工夫は、残念ながら根本的な解決にはなりません。

例えば、あなたが地声の高音「イ」を発声するときに

喉が絞まる体感を覚えるとします。

 

その場合口の開き方を多少「ウ」寄りにして

喉の響くスペースを確保しましょう(意味不明)

と教えることは結構主流になっています。

 

しかし、そもそも根本的に母音と喉がよろしくない状態で連動してしまっているわけですから

そこを改善しないことには

「うーん。多少声が出しやすくなったかな…?」ぐらいの変化しか得られません。

 

2-2.喉頭を意図的に操作する

喉仏(喉頭)を操作することで、なんとか母音と発声の問題を解決する

メソッドもありますが、根本的な解決には至りません。

(僕も実際にこういった練習をやっていた時期がありました。)

 

喉頭が上がってしまうなら、下げようよ。というスタンスなのですが

それでは、本来出したい音色を損ねてしまいますよね。

 

基本的に無理やり喉頭を下げようとすることで

過度に喉に力が入ってさらに悪循環になるので、やめましょう。

 

 

3.「母音の純化」で徐々に解決しよう

「母音の純化」で母音と発声の問題をゆっくり解決していきましょう。

母音の純化とは、「母音」が「喉」に影響を与えないように

その名の通り純化していくことです。

今回はその方法をお伝えしていきます。

 

3-1母音の純化

「イ」「エ」「ア」「オ」「ウ」の順でゆっくり滑らかに

母音を変化させていきます。

 

地声・裏声両方で行ってください。

変化させるときに、極端に声が震えたり

切れたりすることがあればそれは

まだ母音を純化していく余地があるということです。

頑張りましょう(^^)

 

4.まとめ

この記事のポイントをまとめます。

 

・「母音」と「喉」は連動している。悪い状態で連動することをなくしていく必要がある。

 

・口の開き方を変えるなどの小手先でのテクニックではどうにもならない

 

・「母音の純化」で徐々に改善していく

今回は以上となります。

最後までご覧いただいて、本当にありがとうございました。

無料カウンセリング:最速でミックスボイスを手に入れる全手法

繋声~mastering mixedvoice~では、Skypeでの無料カウンセリングをご用意しました。

”あなただけのための”カスタマイズされた濃密なノウハウ

をすべて無料にてご提供しています。

発声のお悩みをじっくりとヒアリング

あなたの発声の状態を詳しく診断

あなたの発声の状態に最も効果のあるエクササイズを「すべて」提供

ミックスボイスを習得するために必要なこと・やってはいけないことをわかりやすく伝授

「スクールの説明だけで、何にも有益な情報を得られなかった!」

こんな経験をされた方は是非、繋声~mastering mixedvoice~の無料カウンセリング

に参加してみてください。

理論に基づいたあなた専用のトレーニングに、きっと感動していただけるはずです。


無料で悩みを相談してみる



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

【無料】ボイトレ無料カウンセリング
あなたに合ったトレーニングを。
無料カウンセリング
カスタマイズ型ボイトレ。