ミックスボイスが気持ち悪い声になる!|解決法をボイストレーナーが解説。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!ボイストレーナーのかねこ(金子太登)です。

 

「プロ歌手のような地声に聞こえる自然な声で高い声を出したい。」

「裏声ベースで強い声も出せるようになった!だけど、地声感がなくて志村けんみたいなキモい声になる。。」

「中音域くらいまでのミックスボイスなら出せるのに、高音になるといきなり声がキンキンする。。」

 

と、悩んでいませんか?

 

 

実は、この症状は適切なトレーニングで劇的に改善させることができるのです。

そこで今回の講義では、気持ち悪く聴こえてしまうミックスボイスを、プロ歌手のような自然で地声らしいミックスボイスに変えるためのトレーニング方法をお伝えしていきます。

 

他のボイストレーナーが絶対に教えてくれないような貴重な内容も解説していきますので、ぜひ最後までご覧くださいね^^

※ボイストレーナー金子の歌声です。当記事を参考にするかどうかの判断基準としてください

【ミックスボイスでの歌唱例】

(音源の最高音は、A4(hiA、高いラの音)です。

1.気持ち悪いミックスボイスを解決する「ニッコリハミング」

ミックスボイスの質を高めてくれるニッコリハミングをご紹介します。

このトレーニングにきちんと取り組むことで、ミックスボイス特有のキンキンした声から抜け出すことができるようになりますので、

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

【参考音源:ニッコリハミング】

 

やり方はとてもシンプルです。

 

ステップ① ”ニッコリしながらのハミングで”地声を出します。(出しやすい低めの音域でOKです)

 

ステップ② 徐々に高音(G4(ソ)くらいまで)まで上昇させていきます。

 

(※できる方は完全に裏声の音域まで軽い地声のイメージで繋いでみてください>)

 

 

注意点① 小さな声で練習しよう

大きな声で張りあげることなく、小さな声で練習するようにしましょう。

1m先の人に聞こえるか聞こえないか。。くらいの本当に小さな地声でOKです。

 

注意点② ニッコリしながらハミングしよう

ニッコリしながらハミングするようにしましょう。

少し口角をあげたハミングといったイメージですね。

 

注意点③ 息漏れ禁止!

絶対に息を漏らさないように注意しましょう。

トレーニングの最初から最後までずっと息を止めておくイメージでOKです。

 

注意点④ 柔らかい声で!バリバリ禁止!

なるべく柔らかい声で練習するように気をつけましょう。

といっても、「柔らかい声って言われてもわからん!」となると思いますので、下記の2つの音声で聴き比べてみてください。

 

【参考音源:バリバリしてしまっている】

 

【参考音源:柔らかい声になっている】

 

もちろん、最初からうまくいかなくても大丈夫です。

ミックスボイスは、「できた!」「できない!」といったものではなく、できかけていても気持ち悪くなったり張り上げてしまうということはよくあることです。

僕自身もそうでしたので、心配しないで焦らずにトレーニングに取り組んでいただきたいなと思っています^^

 

2.補足:ミックスボイスを地声のように力強くする方法

ミックスボイスを地声のように力強くする方法をお伝えします。

 

【参考音源:両手を押しながらガッガッガ】

 

やり方は簡単で、E4(真ん中のミの音)〜 G4(真ん中のソの音)で”両手を押しながら”「ガッガッガ!」と発声するだけです。

 

このトレーニングもいくつか注意点がありますので、参考にしてみてください。

 

注意点①  一回一回息を止めるようにする

「ガッガッガ!」と一回一回区切って息を止める意識で練習しましょう。

よくある失敗例として、「ガアガアガア」になってしまうことがあります。

元々「ガ」というツール自体が一回息を止めるようにできていて、その時に声帯(声を出すためのパーツ)のくっつきがよくなることを狙うツールなのですね。

 

注意点② 手は力一杯押す

両手は力一杯押しましょう。

 

神様に手を合わせるように両手を押したら、「グッ!」と力一杯押してしまってOKです。

 

何か重いものを持ち上げる時に、「ウン!」と力が入ると思いますが、その時に声帯のくっつきがよくなるのですね。

 

このトレーニングもそれと同じで喉以外のところに力を入れることで、ミックスボイスを間接的にパワフルにしていくことができるのです。

 

注意点③ 張り上げになったら止める

大きな声で無理して声を出すようなイメージ(張り上げ)になったり、喉が痛くなったらすぐにトレーニングを中止してください。

このトレーニングはミックスボイスを強化するトレーニングではありますが、その分副作用として無理して声を出すようになってしまうことがあります。

その場合は、すぐにトレーニングを中止するようにしましょう。

 

3.ミックスボイスを一から習得するためのSBMとは?

ここまで、ミックスボイスをなるべく最短で習得するためのトレーニング方法をお伝えしてきました。

 

しかし残念ですが、これ「だけ」でうまくいかない方も沢山います。

 

そこで、やらなくてはいけないのが、ゼロから低音域の地声から高音域の裏声まで「自動的に」声が繋がる仕組み(ミックスボイス)を作ることです。

 

【図:地声から裏声まで自動で繋がる仕組み】

 

【参考音源:地声から裏声まで自動で声が繋がる仕組み】

 

一度しっかりと、「自動で低音から高音まで声が繋がる仕組み」を作ってしまえば、あとは何もしなくても普通に歌っているだけで低音から高音まで自由に歌えるようになるからです。

 

ですので、本当に自由な発声やミックスボイスを習得したい場合は、これからお伝えする3つのステップSBMを守って、仕組みを作っていきましょう。

 

STEP① パーツを分ける(Separate)

まずは発声に必要なパーツを分けましょう。

 

例:地声と裏声を「完全に」分けて発声できるようにする

 

ミックスボイスを練習する前の段階で、調整したいパーツがごちゃごちゃに絡まってしまっている方がほとんどです。

だからこそ、一旦1つ1つのパーツを分離してあげることが大切です。

 

STEP② パーツを強化する(Build up)

次に、分けたパーツを強化しましょう。

 

例:STEP①で分けた地声と裏声を鍛える

 

STEP①でパーツを整理しただけでは、歌で使えるような状態まで持っていくことができません。

そこで、整理整頓したパーツを鍛えてあげる必要があるわけですね。

 

STEP③ パーツを調整する (Mixedvoice)

STEP②で強化したパーツを最終調整します。

 

例:STEP②で強化した地声と裏声をミックスさせる(ミックスボイス)

 

最終的に、ミックスボイスをはじめとする様々な技術に対応できる喉を調整していきます。

 

このように、3つの手順を踏んでいくことで、着実にミックスボイスを習得することができます。

 

ミックスボイスは低音から高音まで声が繋がる”仕組み”です。

 

この3つのステップで一度ミックスの仕組みを作ってしまえば、あなたは何も考えなくても、普通に歌っているだけで

ミックスボイスで歌えるということですね^^

 

さらに具体的なミックスボイスの習得方法を知りたいあなたは、下記の記事にまとめておきましたので

ぜひご覧ください。

 

 icon-angle-double-right [保存版]ミックスボイスを出す練習方法や仕組みを超解説

今回は以上となります。お疲れ様でした^^

ボイトレ動画講座「SBM Regular」を無料プレゼント。

無料オンライン講座読者様600人突破記念として、

喉を自由にし、圧倒的な歌唱力を手に入れるボイトレの教科書「SBM Regular」を期間限定で無料でプレゼントしています。

 

力強い高音発声の習得方法

美しいミックスボイスの習得方法

声量のあるパワフルな声の構築方法

美しいビブラートのかけ方

何曲歌っても声が枯れない方法論

 

このような理想の発声を手に入れるためのノウハウを12本の動画講座に詰め込みました。

 

自由な発声を目指したい方は、ぜひお気軽に無料講座を読んでみてくださいね。


無料で教科書を読んでみる



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 0 件のコメントが寄せられています。
無料ボイトレ教材プレゼント。
無料メール講座
ボイトレ教材プレゼント。
楽な高音発声をあなたに。