喉仏を下げる練習の本当の理由をボイストレーナーが解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

「あなたは喉仏をさげる練習の本当の理由を知っていますか?」

ボイストレーニングは1つ1つのトレーニングの目的を知ったうえで

行わないと危険です!

ということで、今回は喉仏を下げる練習の本当の理由を説明していきます。

 

※ボイストレーナーの金子の歌声です。当記事を参考にするかどうかの判断基準としてください

【参考音源:ミックスボイスでの歌唱例】

(音源の最高音は、A4(hiA、高いラの音)です。※ミックスボイスで歌っています。純粋な地声ではないのでご注意ください。

【参考音源:ミックスボイス単体】

1.喉仏を下げる練習の本当の理由

喉仏を下げる練習の本当の理由について解説していきます。

1-1.喉仏(喉頭)を下げようとすることで胸骨甲状筋を鍛えることができる

喉仏を下げようとすることで、胸骨甲状筋を鍛えることができるのが

喉仏を下げる練習をする本当の理由です。

[胸骨甲状筋]

 

胸骨甲状筋は喉頭懸垂機構という喉を吊っている筋肉群のうちの1つの筋肉です。

この筋肉がしっかりと働くことで喉仏(喉頭)を引き下げ、

下記の効果をもたらします。

 

・深く、太い音色を作り出すことができるようになる

・喉仏(喉頭)が下がることで、声帯が適度なテンションに保たれる

 

こういった理由で、喉仏を下げる練習をする必要があるのだということを

覚えておいてくださいね!

 

1-2.「喉に問題があるから」喉仏が上がる

喉仏を下げる問題とよくある誤解として

「喉仏が上がると声が響く場所がなくなって声が

著しく出しづらくなるのです」

といった理論がありますが、逆です。

 

発声に必要な筋肉が未熟だから喉仏が上がるのです。

だからこそ、喉仏をあげなくても済むように、喉周りの筋肉をしっかりと鍛える必要があるわけですね。

 

2.喉仏を下げる筋肉を鍛えよう

喉仏を下げて胸骨甲状筋を鍛えるおススメの方法をご紹介します。

[地声でモー!]

地声で「モー!」と深く太い声を意識して発声します。

基本的には純粋な地声を保つことができるとされるE4まで

の発声できるすべての音域で練習します。

高音になるにつれて、喉仏(喉頭)が上がりすぎて

細い音色にならないように注意しましょう。

[参考音源:地声で「モー!」]

 

 

[参考音源:高音になるにつれて声が細くなる悪い例]

高音になるにつれて、喉仏が上がっているのが分かりますね。

 

[練習音源]

練習に使ってください。

[裏声で「ヒョー!」]

裏声で「ヒョー!」と深く太い声を意識して練習しましょう。

発声できるすべての音域で練習するようにします。

地声でのトレーニングと同じように高音になるにつれて

喉仏(喉頭)が上がりすぎて音色が細くならないように

気をつけましょう!

3.喉仏を下げるだけじゃない。バランスよく「喉を吊る筋肉」を鍛えよう

喉頭懸垂機構(喉を吊っている筋肉群の総称です)はバランスよく鍛える

ようにしましょう。

[喉頭懸垂機構]

 

喉頭懸垂機構の筋肉の1つだけを偏って集中的に鍛えるなどすると

全体のバランスが崩れます。

 

たとえ、弱い筋肉群が分かっていたとしても徐々に全体の筋肉群を鍛えることで

バランスをとりながらトレーニングをしていく必要があります。

 

ミックスボイスなどの高音発声にも関わってくる部分なので、詳しくは下記の記事をご覧ください。

 icon-angle-double-right MIX習得完全マップ【知識ゼロ→ミックスボイスを目指す方法】

4.要注意:喉仏を下げて歌っても効果は薄い

喉仏を下げる「トレーニング」はしっかりとした効果がでます。

しかし、喉仏を下げながら歌うのは効率が悪いのでやめましょう。

 

4-1.喉仏を下げて歌う練習は効率が悪い

喉仏を下げて歌う練習は非常に効率が悪いです。

なぜなら、歌を歌うときはあたりまえですが

様々な母音で歌うため、喉仏を下げづらい母音でも

歌わなければならず、負荷をかけにくいからです。

 

喉仏は基本的には「オ」母音で下げやすいとされています。

歌では喉仏が上がりやすい母音「イ」も「ウ」も連発するので

効率の悪さMAXです(笑)

5:歌唱のときは、自由でOK

B’zのボーカル・稲葉さんのように歌いたい人間もいれば、

深い声が特徴てきな声楽家の秋川さんのように歌いたい人間もいるのです。

歌唱においては、喉仏の位置は自由でOK冗談ではないですよw好きにしていいんです。

 

例えば、歌手のナオト・インティライミさん。普通に喉仏上がってますよ。

でもそれが「個性」となっているんです。素敵な歌声ですよね。

 

普段のトレーニングで喉の調整をきちんとすることができていれば

歌唱の時には喉仏のポジションを特別意識することなく

声がポーンとでていきますから、歌うときは自由に歌ってくださいね。

 

そのうえで声色を変えたいということであれば

喉仏(喉頭)を若干上げたり下げたり引いたりといった

操作を加えるということになるわけです。

 

5-1.厳密には喉仏は上がる

さらに言うと、喉仏は基本的に高い声をだそうとすると多少は上がってしまうものなのです。

これは前筋運動といって、高い声や裏声などを発声するときに優勢になる

輪状甲状筋が働くと連動して喉仏(喉頭)を上から吊っている甲状舌骨筋も一緒に動いてしまう

という喉の構造上の問題だからです。

 

ではなぜ「喉仏が上がるのはよくない!」とされているのか。

それは、喉仏の上がり方に問題がありまして

適切な筋肉を使えずに過度に喉仏が上がってしまった場合の話です。

 

この場合は苦しそうな声色になったり、高音も細くキンキンして聴こえる

ことが多いです。

 

つまり、少しばかり喉仏が上がってしまうのは許容範囲。

しかし、コントロール不能なぐらい喉仏が上がってしまうのはNGということです。

6.喉仏を下げて発声している歌手をご紹介

喉仏を深く保って発声している(要するに普通のポジションより下げている)歌手をご紹介します。

「こんな感じの声なのかー。」となんとなくでいいので、

イメージを掴んでいただけたらと思います!

6-1.秋川雅史さん

秋川雅史さんのモノマネは誰もがやったことがあるのではないでしょうか(笑)

 

これがふざけてでもなんでもいいのでできるのとできないのとでは

喉の自由度は大きく変わってくるので

僕がこの記事で書いていることが意味不明だわ!というあなたは

まずは秋川雅史さんのモノマネからでいいので、練習を始めてください。

 

(できればご紹介したトレーニングを試してください!(笑))

練習頑張っていきましょう!

必見:本気でミックスボイスの習得を目指すあなたへ

本気でミックスボイスの習得を目指すあなたのための無料メール講座「SBMでミックスボイスを習得する方法」

を開講しております。

 

ご参加いただいた方には、期間限定特典として有料級ボイストレーニング動画教材「SBM Regular」を”無料で”プレゼント

させていただきます。

 

綺麗なミックスボイスを身に付けたい

・長時間歌っても枯れない声が欲しい

パワフルな歌声を手に入れたい

 

1つでも当てはまるあなたは、ぜひお気軽に無料メール講座にご参加いただければと思います^^

 

 icon-angle-double-right 無料メール講座「SBMでミックスボイスを習得する方法」

 

最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

無料カウンセリング:最速でミックスボイスを手に入れたいあなたへ

繋声~mastering mixedvoice~では、Skypeでの無料カウンセリングをご用意しました。

”あなただけのための”カスタマイズされた濃密なノウハウ

をすべてご提供しています。

発声のお悩みをじっくりとヒアリング

あなたの発声の状態を詳しく診断

あなたの発声の状態に最も効果のあるエクササイズを「すべて」提供

ミックスボイスを習得するために必要なこと・やってはいけないことをわかりやすく伝授

「スクールの説明だけで、何にも有益な情報を得られなかった!」

こんな経験をされた方は是非、繋声~mastering mixedvoice~の初回カウンセリング

に参加してみてください。

初回カウンセリング費用は、今なら無料。

理論に基づいたあなた専用のトレーニングに、きっと感動していただけるはずです。


無料で悩みを相談してみる



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

 0 件のコメントが寄せられています。
無料で有料級ボイトレ教材をプレゼント。
理想の発声を。
ボイトレ教材プレゼント。
ミックスボイスを習得しよう。