Vol.1 圧倒的な歌唱力を手にするための2つのステップ

こんにちは、ボイストレーナーの金子太登です。

 

オンライン講座にご参加いただきありがとうございます^^

今回の動画では、圧倒的な歌唱力を手にするための2つの手順を丁寧に解説していきます。

 

なぜほとんどの方が、歌唱力を高められずに悩んでしまうのか

どのような手順を踏めば、高い歌唱力を最短で手に入れられるのか

 

この2点を丁寧に解説しました。

少し長めの動画ですが、非常に大切なことをお話していますので、ぜひ最後まで集中してご覧くださいね。^^

 

また、今回の動画にコメントをいただいた方限定の有料級の特典を用意しております。

僕自身が米国で学んだ、高音を楽に発声するための科学的根拠に基づいた方法論を特典としてプレゼントさせていただきます。

ぜひ動画をご覧になって、コメントを送信して特典を受け取ってくださいね^^

質問

全ての障害(高い声、低い声、声量、音程、リズム、テンポ…etc)が

取り払われたとして、

あなたは将来どのように歌っていたいでしょうか。

なるべく具体的にイメージして、回答していただければ幸いです^^

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

・地声のまま高音を発声できるベルティングボイス

・裏声体感で楽に発声できるミックスの習得方法

・自動でかかり続けるビブラートの習得方法

・力を入れずに、楽に爆発的な声量を出す方法

 

などを、動画講座として公式ラインで配信しています。

 

もちろん無料で友達追加できるので、よかったら覗いて見てくださいね。
下記から公式ラインの詳細をご覧いただけます。

公式LINE

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

198件のコメント

岩本 より:

長いこと合唱をやっていたので、裏声には自信をもっていたのですが、
これは完全に盲点でした。

息漏れできないことに気がつけて、逆に希望がもてました。

ありがとうございました。

岩本様 

コメントありがとうございます^^

そうですね。。息漏れの裏声は普段意識して使っていかないとなかなかできないものなので、
ぜひこれからの訓練に取り入れていいただければ嬉しいです! 

これからもよろしくお願いします^^

アモン より:

なるほど、

アモン様

コメントありがとうございます^^

声の分離は、やりすぎということがない分野です。

今までの癖を一度リセットできるツールなので、ぜひお試しください。

これからもよろしくお願いいたします!

みお より:

ちょっと最初はめまいがしそうですね笑

でも今までの練習を見直す機会になりました、次も楽しみです

みお様

コメントありがとうございます。

たしかに、最初は酸欠気味になりました笑

「見直す、、」そう言っていただけると、本当に大きなパワーになります。

でも本来そこまで息を吐かなくても、息漏れ裏声はできるようになっていきます。

また、僕が提唱していることは、ほとんど現在のボイトレの主流とは異なるわけなので、批判が多いことは常に覚悟してます。

これからも、誰になんと言われようと、自分が正しいと思ったことははっきり正しいと言い、貫く姿勢でいきます。

これからもよろしくお願い致します。

K より:

基礎を固めたあと思います。
ありがとうございます、

K様

コメントありがとうございます!

separateは、健康的な発声の基礎の基礎なので、
ぜひ徹底されてみてください^^

これだけでも、発声が劇的に改善する方もいらっしゃいますので、、。

宜しくお願いします。

ふじい より:

お忙しい中、次々と高品質なコンテンツを届けてくださり、ありがとうございます!

ふじい様

コメントありがとうございます! 

まだまだ動画の編集などで至らないがあり、申し訳ありません。コンテンツは改善していきますので、

当講座を繰り返しご覧いただけたら幸いです。

また、先日は養成講座のご受講で、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

こらからもよろしくお願い致します!

朔汰 より:

見直して、また練習していきます

朔汰様

コメントありがとうございます!

お薬的な練習法も時には有効ですが、土台がしっかりしていると、
後の練習で楽になってくるので、ぜひ分離の訓練から見直していただければと思います。

これからもよろしくお願いします!

なべ より:

わかりやすい動画ありがとうございます。毎日の練習に使わせていただきます。

なべ様

コメントありがとうございます!

嬉しいお言葉ありがとうございます。これからも、お役に立てるようなコンテンツをお届けできたらと考えております。

これからもよろしくお願いします。

宮崎俊介 より:

正直説明なんてしてくれないんだろうと思っていましたが、本当に教えてくれちゃっていんですかって感じです笑

実はブログでも長いこと勉強させてもらってました。ずっと練習続けてきて、報われました。

自分で言うのもなんですが、めちゃくちゃ上手くなったと思います笑

動画とは関係ないですが、本当ありがとうございます!

宮崎俊介様

実はこのブログを立ち上げてから3ヶ月ほどは、誰にも読まれないガラクタだったのがこのブログです。

それが今ではこうして嬉しいお言葉をいただけるブログになり、本当に感謝しております。

当講座はまだ続きますので、ぜひ最後までご覧いただければ幸いです笑

よろしくお願いいたします。

18 より:

喉って後ろに動くんですね!

がっつり自由に動かすには時間がかかりそうですが、頑張ります。

素晴らしい情報ありがとうございます!

18様

コメントありがとうございます!

特典見ていただけたのですね。

直接ご連絡いただき、びっくりしましたが嬉しかったです。ありがとうございます!

喉は後ろにも引けますよ^^

上や下ほどではないですが、明らかに引っ張られる感覚はありますね^^

意外とこの筋肉を支えていない方が多い印象ですので、18様にはぜひ

うなじ筋の意識の仕方をマスターしていただければと思います!

AMPM より:

納得です。

AMPM様

コメントありがとうございます!

ご納得いただける内容でホッとしました笑

しかし、まだまだ改善すべきポイントはあるかと思いますので、これからのコンテンツでは

さらにご満足いただけるものを提供させていただきます!

これからもよろしくお願いします!

オワコン より:

こんにちは。
クオリティの高い動画でした。
よろしくお願いします。

オワコン様

コメントありがとうございます!

動画の編集などもっと勉強して、わかりやすい動画を作ってけたらと思います。

これからもどうぞよろしくお願いします。

りく より:

腑に落ちないと何もできないタイプなので、私には合ってます。
でも

りく様

ご満足いただけたならば、本当に嬉しいです^^

特典もぜひご覧くださいね^^

これからもよろしくお願いします!

a より:

おもしろかったです。

a様

コメントありがとうございます!

嬉しいお言葉頂戴しまして、本当に感謝しております^^

これからも、a様にとってお役に立てるようなコンテンツを配信できますよう

努力してまいりますので、よろしくお願いします!

瑛太 より:

全然関係ないけどいい声ですねw
勉強になりますら

瑛太様

コメントありがとうございます!

そんなことはありませんが、お褒めの言葉ありがとうございます^^

基本的なことも、きちんと積み重ねれば必ず大きな結果となって返ってきますので、

ぜひ今回の訓練や特典の音声の訓練法で練習されてみてください^^

これからもよろしくお願いします。

sum より:

繰り返し学習させていただきます。

sum様

コメントありがとうございます!

ボイストレーニングは、毎日の努力が裏切らない分野です。^^

僕も何度もくじけそうになったので、大変かとは思いますが、ぜひ

sumさんペースで練習されてみてください。きっとsum

さんの望む結果が出ると思います。^^

これからもよろしくお願いします。

吉田 より:

いい教材をありがとうございます。
次のレッスンも楽しみにしてます

吉田様

コメントありがとうございます!

次のレッスンも一生懸命ご用意させていただいたので、

ぜひご覧ください!^^

吉田様のようなお言葉をいただくと、より良いコンテンツを届けよう!というやる気が出ます笑

これからもよろしくお願いします!

いまい より:

自己流で練習をやってたら、喉の奥がシュワシュワするような焼け付くような感覚になってしまいました。

こうゆうのは正しい練習でふせげますか?

いまい様

コメントありがとうございます!

基本的に、痛みが出る訓練法は間違っていることが多いです。

当スクールの練習法では、そのようなことが起きないように配慮しておりますので、

ご安心くださいね^^

これからもよろしくお願いします。

岡村 より:

非常に分かりやすいし、本質をついていると思った

岡村様

コメントありがとうございます。

「本質をついている」とのお言葉本当にありがとうございます^^

僕は、トレーナーとして活動していますが、今でも常にボイストレーニングに関しての研究は続けております。

これからもお役に立てるようなノウハウや考え方をコンテンツとして提供させていただきますので、
よろしくお願いします^^

yellosub より:

パスワードいらん

yellosub様

コメントありがとうございます!

この度は、大変ご迷惑をおかけし、申し訳ありません。

確かに、パスワードがあることで、学びにくいですし、不便かと思います。

時期が定まらず申し訳ないのですが、専用サイトを立ち上げる方向で検討いたします。

貴重なご意見ありがとうございます。

これからもよろしくお願いいたします!

楠木 より:

地声でEの4に届きません。
最高音を下げても大丈夫ですか?

楠木様

コメントありがとうございます!

全く問題ありません^^

むしろ、無理してご自身の声域を超えた音を当てにいくのは、

張り上げ発声にもつながるので、よくありません。

動画やテキストでの説明不足でご迷惑をおかけしました。

ご意見参考にさせていただき、コンテンツに生かしてまいりますので、よろしくお願いします。

へっだー より:

非常にためになる動画をありがとうございます!
言われてみれば、裏声は強くしか出せない気がしてました!
精進します!

へっだー様

コメントありがとうございます!

分離はわかりにくい概念ですが、ご理解いただけたみたいで本当に嬉しく思います^^

息漏れの裏声を開発するのは、もしかしたら大変かもしれません。

しかし、根気強く継続していくことで、必ず発声できるようになっていくので、頑張ってみてください^^

これからもよろしくお願いします!

莉奈 より:

いったん分離することが大事なんですね!
よく分かりました。
素敵な動画ありがとうございます。

莉奈様

コメントありがとうございます!

仰る通りで、分離ができていないと、そこに何を積み重ねても不自由さの定着につながってしまいます。。

ですので、一見地味で退屈なSeparateのトレーニングをぜひ大切にしてみてください^^

これからもよろしくお願いします!

もっちー より:

次の動画が楽しみです!
分かりやすいレッスンありがとうございました。

もっちー様

コメントありがとうございます!

そう言っていただけると、本当に嬉しいです。。この企画を始めてよかったです笑

声を出すということはできなくても、お時間あるときにノウハウを頭に入れるのは大切なことなので、
何回も見ていただけると嬉しいです^^

これからもよろしくお願いします!

遠藤 より:

c4あたりから裏声がでなくなり、地声に裏返り(?)ます
対策などあれば教えていただきたいです
レッスン自体はよかったてす

遠藤様

コメントありがとうございます!

男性の方でしょうか?

もしそうであれば、それは極々一般的な症状なので、心配することではありません^^

ただ、声の混合と呼ばれる声が不自由な状態にある可能性は高いので、

今できる範囲の音域で息漏れの練習を徹底されてみてください。

ポイントとしては、「息に声をのせる」イメージです。「息吹きすぎかな?」くらいで最初はちょうどいいことが

生徒様を見てきた経験上多いです。

同じように息漏れさせても、徐々に軽く声が出ていくことを実感されるはずです。

当講座の訓練法を早速練習していただけたことが本当に嬉しいです^^ ありがとうございます!

これからもよろしくお願いします。

みど より:

もっと具体的な説明があるのかと思いました。次に期待してます

みど様

コメントありがとうございます。

せっかくお時間割いていただき、当講座をご覧いただいたのにも関わらず、

ご満足いただけるようなコンテンツをお届けするに至らず、本当に申し訳ありません。

ただ、「少しでも発声に悩んでいる方の助けとなりたい!」という気持ちは、当サイトを立ち上げた当初から何も変わっておりません。

これからのコンテンツは、みど様にとって有益なコンテンツとなるよう努力してまいりますので、よろしくお願いいたします。

貴重なご意見誠にありがとうございました。

江田 より:

ブログ拝見してます。
金子さんみたいに声が低くても高い声出せると思うと、勇気付けられます。
練習、やってみますね。

江田様

コメントありがとうございます!

僕も、声質のせいでそこまで低い声という印象を持たれないのですが、

実際、結構声が低いです笑

それでも、声を自由に出せるようになっていますので、
江田様も当講座の訓練を続けられてみてください^^

きっと楽しい未来が待っていると思います^^

これからもよろしくお願いします!

かさ より:

分かりやすい動画で助かりました!

特典楽しみにしてます(笑

かさ様

コメントありがとうございます!

分かりやすいと言っていただけて、嬉しいです^^

コンテンツの方も追加しましたので、ぜひ改めてお時間あるときにご覧になってみてください^^

これからもよろしくお願いします!

山口 より:

UPありがとうございます^^
ウォームアップとしても使えますか?
これからも宜しくお願いします。

山口様

コメントありがとうございます!

ウォームアップとしては、息漏れの少ない裏声がオススメです^^

下記の記事を参考にされてみてください^^

https://mixedvoice-mastering.com/breath-leakage/

また、地声のウォームアップは慎重にされることをお勧めします。

喉の筋肉が温まってきてからの方がいいかと考えますので、

裏声→地声の順で訓練されてみてください。

よろしくお願いします^^

DK より:

いつも素晴らしい発信をありがとうございます!
noteの方もすべて購入させていただきました。

引き続き有益な情報発信をしていただけるのを楽しみにしております!

DK様

コメントありがとうございます!

noteの方もご購入いただき、誠にありがとうございます!

noteは「理論」よりも、何をするべきかという「実践」に重きを置き、なるべく必要なことに絞った

ノウハウですので、ぜひ繰り返すことで

体に覚えこませていただけたらと思います^^

トレーニングをされていて、分からないことは出てくるかと存じますので、

お気軽にご連絡くださいね^^

これからもよろしくお願いします!

渡辺 より:

いつも分かりやすい情報をありがとうございます
どうやって練習していけばいいかわかりました。
頑張っていきます

渡辺様

コメントありがとうございます!

ある程度スタートからゴールまでわかった状態で、訓練に取り組むことで、

モチベーションも保ちやすくなりますよね^^

やることはシンプルです!後はそれを的確に実行することさえできれば、理想の発声を手に入れることができます^^

これからもよろしくお願いします!

あいうえお より:

歌のメール講座の中には勧誘ばかりで中身の無いものも多いですが、この講座は説明が丁寧で良かった。

あいうえお様

コメントありがとうございます!

説明が丁寧と仰っていただけて、本当に嬉しいです^^

僕は各記事の下で自分の商品を勧誘しまくりですが、それと同時に無料で価値ある情報を届けることにも全力を注いでおります!笑

ぜひこれからも当講座で発声を学んでいただけると嬉しいです^^

これからもよろしくお願いします!

うーばー より:

すごい…の一言。
これからも参考にさせていただきます。

うーばー様

コメントありがとうございます!

そういっていただけると、コンテンツを作成してよかったと思います笑

これからもぜひよろしくお願いします!

いろは より:

とても分かりやすいレッスンありがとうございました。
質問なのですがミックスボイスの時の声帯の状態はどのようになっているのでしょうか?裏声のように声帯を緊張させ笛のように発音しているのか、地声のように声帯をブルブルと震わせて発音しているのか。(独学なので発音に対する考えが合っていなかったらごめんなさい)要するにミックスボイスを出している時の感覚は裏声と地声どちらに近いのかを知りたいです。長文コメントすいませんでした。
次回のレッスンも楽しみにしています。

いろは様

コメントありがとうございます!

ミックスボイスは、徐々に声帯が薄くなっているその過程の全体を言います。。といいましても、文面では伝わりづらいですよね。。

体感としては、C4(真ん中のド)までは地声が強め(それでも裏声の体感も感じています)
そして、F4あたりまでは地声と裏声半分半分の感覚で、G4を超えたあたりから芯のある裏声といった体感に徐々に移行していきます。

その中で、地声よりに発声すれば地声の体感に近く、裏声よりに発声すれば、裏声の体感に近づきます。

うまく説明できなくて申し訳ありません!分からないことがあれば質問でしてくださいね!

これからもよろしくお願いします!

いまだ より:

こういう教材が無料なのはほんとおどろきです。

素晴らしい

いまだ様

コメントありがとうございます!

そういっていただけると嬉しいです!!

ぜひ次講義もご覧くださいね^^

これからもよろしくお願いします!

梶原 より:

大変勉強になりました。
これからも講座楽しみにしております。

梶原様

コメントありがとうございます!

講座はまだまだありますので、次の講座もぜひご覧いただけたら嬉しいです^^

これからもよろしくお願いします。

中井 より:

こんにちは。分離をする必要があるということがよく分かりました。ありがとうございました。
今まで私はYubaメソッドのCD(奇跡のハイトーンボイストレーニング)を使って練習していました。
先生のブログでYubaメソッドについても触れられていることがありますが、YubaメソッドのCDにおいての息漏れのある裏声(ホー)は、割りと芯があるように聞こえたり、プログラムによってはB4以上の音域であったり、4秒以上くらい続いていたりするように思うのですが、それをまねる練習はあまり効率的ではないのでしょうか。または私の耳による上記の判断が間違っているのでしょうか。

中井様

コメントありがとうございます!

B4以上を扱うこともあるのですが、そこまで分離が進んでいない初期の段階で行うのは得策ではないと考えております。

B4付近まできっちりと息漏れさせることができたときに、初めて小声で行ってみたり、さらに高音でやってみるなどのバリエーションが
生きてきます^^

4秒以上続くのは、、、笑(批判ではありません!w)

2〜3秒を目安に行っていただけるとよいかと思います。^^

これからもよろしくお願いします!

坂口 より:

動画拝見しました。
息漏れの声は、強めに発声した方がいいでしょうか。
それとも弱めの方がいいのでしょうか。
できているのかわからなくなってしまいました。

坂口様

コメントありがとうございます!

息漏れの声で芯が入ってしまうようであれば、強めに「息を吐き切ること」を意識してみてください。

そうすることで、地声の筋肉群が介入しづらくなります^^

慣れてきたら、徐々に声量を落としていくことをオススメします!

これからもよろしくお願いします。

乃芽史 より:

テンポが良くて分かりやすい動画ですね。
時間も短くて気軽に視聴出来ます。
ただ、何をしてるかテロップがあるともっと分かりやすいと思います。
それと前からブログを拝見してまして質問があります。
「輪状甲状筋の鍛え方|超スパルタ練習法」と今回の息漏れのある裏声は同じでしょうか?

乃芽史様

コメントありがとうございます!

貴重なご意見ありがとうございます!今後、全ての動画を入れ替える予定ですので、

今しばらくお待ちいただければと思います。動画の編集勉強いたします!

また、ご質問のお答えですが、基本的には同じです。

ただ、実際には今回ご紹介している「息漏れの裏声」でも厳密には裏声の筋肉が鍛えられていくため。

スパルタ練習法にも掲載させていただきました。

本格的な裏声の強化に入るのは、次回の「Build up」になりますので、そちらも是非ご覧いただけたら幸いです。^^

これからもよろしくお願いします!

Risa より:

こんにちは!以前からブログ拝見してます。
noteの方も購入させていただき、毎日活用しております。
これからも、配信楽しみにしています。

Risa様

コメントありがとうございます!

noteのご利用ありがとうございます^^実践的なノウハウをコンパクトにまとめた商品ですので、隙間時間でもいいので継続してみてくださいね^^

これからもよろしくお願いします!

より:

分離って意識したことなかったのでためになりました。
頂いた練習法を続けていきたいと思います。
本当にありがとうございます!

谷様

コメントありがとうございます!

分離は出来ているようで、出来ていない。。という盲点なので、ぜひ今一度ご確認いただければ幸いです^^

これからもよろしくお願いします!

川内 より:

ブログに引き続き、こんなに素晴らしいコンテンツを作っていただき、ありがとうございます
焦らず練習していきます。

川内様

コメントありがとうございます!

そう言っていただけるのが一番の喜びです!^^

これからもコンテンツをお届けいたしますので、ぜひご覧いただければ嬉しいです^^

よろしくお願いします!

より:

動画参考にさせていただきました。詳しい解説ありがとうございます。

茜様

コメントありがとうございます!

なるべく分かりやすい説明を心がけてまいりますので、これからもよろしくお願いいたします!

まつの より:

しっかり理論があって自分には合いそうです。
これからもよろしくお願い致します。

まつの様

コメントありがとうございます!

嬉しいお言葉ありがとうございます。

理論があってこそのボイストレーニングと考えております^^

これからもぜひご覧いただけたら嬉しいです。

よろしくお願いいたします!

生井 より:

はじめまして。
早速実践してみたのですが、思いのほか難しいですね!
続けてみます。ありがとうございます。

生井様

コメントありがとうございます!

separateは地味なのに難しいので、モチベーションを保つのが大変ですよね。笑

ただ、今種まきすることで、収穫できるものも大きくなりますから、
ぜひ取り組んでみてください!

宜しくお願い致します!

羽村昌幸 より:

こんにちは。なんとういか、、もっとこういう教え方が広まって欲しいなと思います。個人的に好感もてました。
これから師事します

羽村昌幸様

コメントありがとうございます!

本当にありがとうございます。。そう言っていただけると、本当にこの講座をやっていて良かったと思います!

ぜひ!笑これからもよろしくお願いします!

セト より:

こんにちは
こういう
メール講座でなかなか本格的なのは初めて見ました( °o°)
動画付きで凄くわかりやすいです!
これからもよろしくお願いします!!

セト様

コメントありがとうございます!

本格的と言っていただけて嬉しいです^^

これからも講座はありますので、ぜひこれからもよろしくお願いいたします!

m.m より:

細かいところまで行き届いたレッスン感謝致します。
今後も配信宜しくお願い致します!

m・m様

コメントありがとうございます!
ボイトレはただでさえ退屈ですが、
しっかりと細かいところに気を配れると、一気にステージがあがります。

一緒に頑張っていきましょう!
これからもよろしくお願い致します!

にっしー より:

はじめまして!
ためになる動画ありがとうございます!

にっしー様

コメントありがとうございます!

ミックスボイスをはじめ、発声の技術習得は難易度が高いですが、正しい訓練法を継続することで、

徐々に理想の声に近づいていきます。

一緒に頑張っていきましょう!

これからもよろしくお願いします^^

松村 より:

内容も濃く、初めて知ることばかりでとても新鮮でした。
ありがとうございます。

松村様

コメントありがとうございます!

基礎的なことを中心に解説していますが、どれも大切な知識ですので、

ぜひ練習に取り入れていただけたら嬉しいです。^^

これからもよろしくお願いします!

Ryo より:

1日でも早く習得できるよう
頑張ります!

Ryo様

コメントありがとうございます!

素晴らしい心意気ですね!^^

ただ、基本的にはある程度時間がかかってしまうものなので、気負いすぎないようにしてくださいね^^

コツコツと地道に「正しい」練習を適切に行った方は、より良い発声を手にすると確信しています。

ぜひこれからもよろしくお願いします。

はぎ より:

今ボイトレに通っていますが、地声と裏声を分けた練習はしていないですね。
まずは基礎を固めたいと思っているので、自分に合った練習かと思いました。
基礎の練習か終わるまでは、歌わないほうが良いのでしょうか?

はぎ様

コメントありがとうございます!

歌わないことは理想ではありますが、地声のまま張り上げたりするような曲でなければそこまでシビアにならなくても

結果は出てきますね^^

ただし、ボイストレーニングとボーカルトレーニング歌唱練習は分けた方がいいので、
例えば息漏れの裏声を歌で練習のようなことは効果が薄いかと思われます!

これからもよろしくお願いします!

スイミー より:

はじめまして。

自分は裏声と地声が混ざってしまっていると思います。

しっかり分離できるように練習していこうと思います。

スイミー様

コメントありがとうございます!

Separateのトレーニングは地味ですが、発声の基礎になってきますので、ぜひ実践されてみてください^^

これからも講座をお届けいたしますので、よろしくお願い致します^^

masa より:

こんにちは。

混合という状態に自分はぴったり当てはまってます。

しっかりとわけられるように頑張っていきます!

るー より:

いろんなボイトレの仕方見てきましたが、納得できる内容でした。これからも勉強させていただきます。分離の練習は1日にどのぐらいやればいいですか?

るー様

コメントありがとうございます!

混合具合にもよりますが、1日最低15分ほどは練習できるのがベストかと考えております。^^

分離は意外と難しいツールではありますが、基礎を構築する意味で大切なトレーニングになってくるので、ぜひ練習されてみてください。^^

これからもよろしくお願いします。

白石 より:

わかりやすく納得できました。
これからも練習頑張っていきます。
宜しくお願いします!

白石様

コメントありがとうございます!

シンプルなトレーニングですが、難しいことも多いので、わからないことがあればお気軽にご相談くださいね^^

これからもよろしくお願いします!

如月 より:

はじめまして。
自分は今まで動画で勉強してきました。
金子さんはボイトレ動画の人たちの意見をどうお考えでしょうか。
訳の分からないことを聞いてすみません。
お時間あるときに、回答いただけたら嬉しいです。

如月様

コメントありがとうございます!

動画というとYoutubeということでしょうか??

単純にたくさんの情報を無料で受け取れるような世界になっていて、いい時代だな〜と思っています笑

トレーナーさんに関しては、無料であんなに手の込んだものを提供してらっしゃるので、僕も見習わなくてはと思います!!

これからもよろしくお願いします!

jsb ryuji より:

今市くんの動画から来ました!
最初まじで本人かと思いましたw
どうしたらあんなに楽に綺麗な声が出るのか本気で知りたいです!!
隆二くんが通っていたスクールにも行ったことあるくらい本気なのでよろしくお願いします!

jsb ryuji様

コメントありがとうございます。

そう言っていただけて嬉しいですが、間違いなく似ていませんよw

かなりオーバーに実演しているので、ぜひ微調整してよりご本人様の声に近づけてみてくださいね^^

また、楽な声ということですが、これはミックスボイスを習得するという解決法以外にないですね。。

しかし、そのためのこの講座です!ぜひ最後までお付き合いいただければと思います!

これからもよろしくお願いします!

yusan10325 より:

地声と裏声の分離が大事だってことは何回か聞いていましたけど、他のボイトレではいきなりミックスボイスを練習してるないようだったりしたので迷っていました。やはり分離と強化が大事なんですね!  練習に取り入れていきます。

yusan10325様

コメントありがとうございます!

もちろん、元々素材が整っていて、ミックスボイスの訓練をするだけで、成果が出る方もいらっしゃいます。

ただし、そうでない方の方が多いことも事実ですので、基礎から積み上げることは大切なことと捉えております^^

これからもよろしくお願いいたします。^^

yusan10325 より:

ありがとうございます。

yusan10325様

先ほどはコメントありがとうございました。

一緒に理想の発声を目指していけたら幸いです^^ よろしくお願いします^^

たこ より:

はじめまして!
喉を後ろに引くということの意味が正直よくわからないので知れるのを楽しみにしたいと思います!

たこ様

コメントありがとうございます!

喉を後ろに引くのは難しいですが、筋肉を意識できるようになることで、引けるようになっていきます。^^

高音発声にも重要な筋肉ですので、ぜひ鍛えていただけたら幸いです^^

特典プレゼントさせていただきますので、ぜひご覧いただけたらと思います。

これからもよろしくお願いします!

TO より:

この動画の通りに裏声と地声が発声出来れば声の混合状態ではないと判断して良いのでしょうか?

TO様

コメントいただき、ありがとうございます^^

基本的に混合していないと考えても大丈夫です。しかし、混合に限らずなんでもそうなのですが、

0か100で推し量れないことが多いです。例えば、若干混合気味だな〜という場合もあるとうことですね^^

ですので、判断基準(例えば息漏れの裏声であれば2〜3秒しか続かないなど)を参考にしていただき、それに基づいて練習していただくと、

より、正確にトレーニングできるかと考えます。

これからもよろしくお願いします^^

中井 より:

いつもありがとうございます。この練習で、息漏れのある裏声が正しく発声できるようになれば、息漏れのある裏声を出すときも、意識せずとも混合を防ぐことにつながるということなのでしょうか。よろしくお願いします。

中井様

コメントありがとうございます^^

息漏れのある裏声でもそうですし、息漏れのない地声でもそうですが、それぞれの声をバラバラに分けて発声できるように分離してあげないと、

それらを同時に動かすこともできないという考えに基づいております。(混合状態でのミックスボイスはごちゃごちゃに絡まった糸をさらに結ぶイメージです。これではいけませんよね。)

あくまでも息漏れの裏声は手段&確認ツールですので、声の混合状態を防ぐためのツールとお考えいただければと思います。

息漏れができる、地声で息漏れがない、ということであれば、ある程度声の分離は進んでいると考えてOKです^^

これからもよろしくお願いします!

中井 より:

ありがとうございます。一応誤字訂正をさせてください。今気づきました。「息漏れのある裏声がある程度正しく発声できれば、息漏れのない裏声を発声する時にも」と書こうとしました。すみません。

中井 より:

息漏れのある裏声がある程度できるようになれば、それだけで、意識せずとも、息漏れのない裏声も混合状態ではないものになるのでしょうか。

中井様

ご質問いただき、ありがとうございます^^

分離の概念をうまくお伝えできずに、申し訳ありません。

分離とは、地声と裏声を切り離せる状態にしておくことです。

つまり、

切り離せる状態→その上で、融合させたり芯を加えることができるのは自由な発声

切り離せない状態→その上で芯を加えたり融合させようとすることは声の混合

と言うことになります。

ですから、息漏れのない裏声だけでは判断できない場合ももちろんあります。地声と裏声が分離できていれば、結果的にその方は混合ではなかったということになりますし、
逆も然りです。

独立して筋肉を働かせることができる状態で、色々とトライしていきましょう!と言うことですね^^

よろしくお願いします!

にったひろゆき より:

コメントが遅くなりましたが、コメントの仕方がわからなくてずっと悩んでいました。。ようやくで切るようになりましたので書かせていた抱きます。
私は数年間いろいろな所にボイトレに通っていました。最近言っているところでは地声での声帯閉鎖ができていないいといわれてよく理解できなかったのですが
もともと自分はロックが好きでしゃがれた声にあこがれて、張り上げで歌っていましたので息をたくさん使いのどに力を入れてうたうのが癖だと思っていたのですが声帯閉鎖ができていないとは同院意味かと思いましたが
この動画をこみて息漏れのうらごえのれんしゅうと息漏れのない地声の練習でなんかわかったような気がします。。息漏れのない裏声を練習することで息をとめたように閉鎖した地声がでやすくなるみたいですね
ありがとうございました。

にったひろゆき様

コメントありがとうございます^^

コメント蘭が分かりづらく、大変申し訳ありませんでした。

また、おそらくそのボイストレーナー様は、地声発声時の地声の筋肉の働きが弱いと仰っているのかもしれませんね^^

地声で息漏れがしたり、声量が出ないことからそう判断しやすいです。

しかし、もしそのような症状がないのであれば、地声でのトレーニングをすることで悪化することもございますので、

ぜひ今一度、地声と裏声のバランスだけでもご確認くださいませ^^

地声の筋肉と言っても、1つだけでなく複数存在するので、1つ1つ音色から判断できると尚いいですが、それは最初は難しいと考えます。

これからもよろしくお願いします。^^

餃子 より:

分かりやすいです!
続きが気になります〜!

餃子様

コメントありがとうございます^^

そう言っていただき、光栄です^^ まずは、特典をプレゼントさせていただきますので、

次の動画までにそちらをご覧いただければと思います^^

これからもよろしくお願いします!

S より:

高音があまり出ないので、プロ並の歌声になれるように特訓したいと思います

S様

コメントいただき、ありがとうございます。^^

僕は8年前からトレーニングを開始したのですが、その頃は本当に酷いもので、2・3曲も歌うと声が枯れてヒリヒリしてダウン。。

みたいなことを繰り返していました(苦笑)

そこで考え直せばいいものを、ミンティア戦法などと言ってミンティアを奥歯に差し込みながら歌うとスースーして若干高音が出やすくなる(ならないですが)

とか恥ずかしながら、わけのわからないことをやっていました。笑

しかし、そんな僕でも恩師に出会い、理論に基づいたトレーニングやを実践してきたことで発声が改善していきました。

S様にもその喜びを少しでも感じていただけたら幸いです^^

よろしくお願いします^^

mi-nori より:

無料での公開ありがとうございますm(_ _)m

元プロの友人とハモることになり、趣味の領域ではあるものの足を引っ張ってはいけないとボイトレを探していました。

少しずつ正しい発声ができるように頑張ります!!

mi-nori様

コメントありがとうございます^^

元プロのご友人様と歌われるのですね!! 個人的にとても羨ましく思います(笑)

確かに歌は楽しめればいいとはいえ、やはり歌うなら気持ちよく歌いたいですよね!^^

mi-noriさんにとって少しでも学びのある講座にしていけたらと思っていますので、これからもよろしくお願いします^^

toriyama より:

それぞれに鍛えるという発想、分けることの重要性を感じました。
習得編の息漏れの裏声が、息漏れし切っていないように感じるのですが、芯があるようで、それを真似すればいいですか。最初はもっと大げさに息を漏らすところからがいいでしょうか。

動画レクチャーありがとうございます。

toriyama様

コメントいただき、ありがとうございます。^^

習得編ですが、誤解を招くような音声で申し訳ありません。

仰る通り、実は息漏れの裏声も、習熟してくると”そこまで息漏れを意識せずとも”軽く声を発声できるようになってきます。

その際特有の響きのようなものがほんのすこし出てきます。 これがおそらく誤解されてしまう原因かと推察しました。

ですので、初期段階ではどちらかといえば動画での実践(大げさな実演)を参考に練習していただければ幸いです。^^

これからもよろしくお願いします。^^

N より:

地声は比較的、出せると思うので息漏れのある裏声がまずは意識して出せるようにすることが私にとってカギになると思いました。

ありがとうございました!

N様

コメントありがとうございます!

息漏れのある裏声は、最初は難しいかもしれませんが徐々に発声できるようになってきますので

ぜひお試しください^^

これからもよろしくお願いします!

nishi より:

無料での公開、ありがとうございます!
地声、裏声で声を出すときに、お腹を張る力を入れてしまうのですが良くないのでしょうか?
これからも続きを楽しみにしています!

nishi様

コメントいただき、ありがとうございます^^

ある程度、呼気圧の関係でお腹を使っている体感も若干あるものの、力みまではいかないのが通常です。

最初は、喉周りのみで処理する意識でもなんら問題ないです^^

これからもよろしくお願いします^^

nishi より:

地声、裏声を出すときにお腹を張ってしまうのですが、これは悪いことでしょうか?
次回も楽しみにしています!

早川雄介 より:

参考になりました、ありがとうございます

早川雄介様

コメントいただき、ありがとうございます。

地声と裏声の分離は、当スクールのSeparateの基本事項となります。^^

徹底して分離することで、新しい世界が見えるといっても過言ではないので、一緒に頑張っていけたら幸いです!

M より:

理論的な説明でわかりやすいです。
ありがとうございます。

M様

コメントいただきありがとうございます^^

そう仰っていただけて、本当に嬉しいです。「気づいたら、トンデモマニアックなブログになってるやないか・・」と不安になっているのですが、

こう言ったお一言が励みになっております!(マニアックは本当ですね笑)

これからもよろしくお願いいたします!

ミント より:

目から鱗の素晴らしい内容でした。
質問なんですけど、息漏れしていない裏声ではなぜダメなんでしょうか?
裏声の筋肉が100%使われないんでしょうか?

ミント様

コメントいただきありがとうございます^^

分離の段階では、100パーセントの裏声を取り出してあげることが大切です。

息漏れさせると声帯は開く傾向にありますので、それを利用して地声の筋肉をお休みさせる効果を狙っております。

逆に言えば、ミント様の仰る通り、息漏れしていない状態では声帯が閉じているということですから、地声の筋肉が割り込んできてしまうということです。^^

ちょっと難しい内容ですが、僕の定義するSeparateの中でも「地声と裏声の分離」は最も基本的な事項の1つです。

ぜひ、実践されてみてくださいね^^

これからもよろしくお願いいたします!

ミント より:

丁寧な説明ありがとうごさいます。
これからもボイトレがんばっていきたいと思います!!

西川裕大 より:

動画内のトレーニングがしっかりとこなせるようになったら、次のステップに行くという解釈で大丈夫でしょうか?

西川裕大様

コメントいただきありがとうございます^^

様子見ながら並行して行ってOKです!

よろしくお願いいたします!

きりちゃん より:

理論的な説明で大変分かりやすかったです。ありがとうございました。YouTubeやネットでボイトレの情報が多すぎて、正直何から始めて良いのかわからなかったので非常に助かりました。これからもよろしくお願いいたします。

きりちゃん様

コメントありがとうございます^^

Youtubeにはたくさんの動画がありますよね^^便利な時代になりましたが、取捨選択も大変ですよね^^

僕もその惑わせる一人かもしれませんが笑

それでもこういった嬉しいお言葉をいただけると、こういった活動をしていてよかったと心から思います。^^

きりちゃん様の発声のお役に立てる情報をこれからもお届けしますので、こちらこそこれからもよろしくお願いします!

うたお より:

動画拝見しました。
ミックスボイスを出すには同時に鍛えないと出せないという認識でしたが、裏声と地声の負荷が分散されて効率的ではないということがこの動画で分かりました!
次の動画も楽しみにしてます。

うたお様

コメントいただき、ありがとうございます!

様々なボイストレーナーさんが本当に各々独自の理論を解説しているので、本当に頭が痛くなりますよね!笑

僕もその一人になるわけですが、常に「これがダメ」で「これが良い」といったような排他的なスタンスでいることのないように気をつけております。

いまだに僕もボイストレーニングを受けていますし、これからもこのメールマガジンでは新しい情報をシェアさせていただきますので、

どうぞよろしくお願いいたします!

ヒカル より:

この教材を参考に、分離に取り組んでいこうと思います。
次の動画も楽しみです。

ヒカル様

コメントいただき、ありがとうございます!

地声と裏声の分離は、Separateの中でも基本的な事項になりますので、ぜひ取り組まれてみてください!

よろしくお願い致します!

ゆす より:

毎日真剣に練習してみようと思います!参考にさせていただきます!

ゆす様

コメントありがとうございます!

地声と裏声は、Separateの中でも基礎的なことなので、ぜひマスターしていただければと思います!

何かありましたら、ご連絡くださいませ。

これからもよろしくお願い致します!

ミント より:

質問なんですけど、息漏れのある裏声を出そうと思ったら出せる、途切れ途切れにはなるが、音階で安定して出せるという2点ができるようになったら
ある程度separateできていてbuild upもしてよいのでしょうか?

ミント様

いつもコメントいただき、ありがとうございます^^

途切れ途切れというのが、ちょっとわかりかねますが、体感的に息をそこまで吐かなくても、楽に息漏れさせられるようになり、

それが安定的にB3〜B4まで発声できていれば、裏声に関してはある程度分離できていると言えるかと思います!

また、ご自身で判断いただくときに、1つ参考になるのは、やはり徹底して手本のようなものを持っておくということですね。^^

それが僕であれば、とても光栄ですし嬉しいですが、そうでなくても、この人の理論やノウハウは素晴らしいと思えるものに出会ったときに、

そのトレーニング1つ1つの見本や失敗例をがっつり吸収していくことで、徐々に合っているのかどうかが分かってくるかと思います!

なるべくコンテンツや教材を作るときも、そこを意識するようにしていますので、ぜひそういった視点から捉えていただけると嬉しいです^^

結局耳を鍛えることが独学の一番の近道です笑

これからもよろしくお願いいたします!

ミント より:

ご丁寧な返事ありがとうございます。
ボイトレがんばっていきたいと思います!

ネモ より:

ネット情報とかだと、ミックスボイスのためには、ヘッドボイスを練習しろと書いてあることが多いですが、息漏れの裏声も練習してみます!

あと、これは以前から疑問なのですが、ヘッドボイスとミックスボイスは感覚的には近いのですか?
例えばXのトシさんとか、すごい高音の場合は、むしろヘッドボイスにも聴こえなくないかと思うことがあるので。

ネモ様

コメントいただき、ありがとうございます!

ヘッドボイス(と巷で呼ばれている声)は、元々弱々しい裏声が適切に鍛えられた結果発声されるものと捉えていただけると分かりやすいかもしれません。^^

またご質問にある感覚の問題ですが、実はとっても説明が難しいです笑

地声よりで、ドカンと声を発声しているときは、「地声にしか感じないわ!」となりまして、

裏声の筋肉をたくさん使って優しく声を出していく場合は、「裏声だよね?え?これミックスかな?」くらい裏声に体感が寄っていきます。笑

ですから、その時の出し方によるところが大きいですね。

ただ、おそらくX JAPANのトシさんは、F4くらいからキツさ(辛さ)が我々が予想するほどには変わっていないと推察しています。

その付近の音域で急激に声帯を薄くして、それ以上の音域は、その分を仮声帯や喉頭蓋などの声帯の近くにある組織で補って強烈な声を出しているように聴こえています。(というよりも、ほぼ100%そうですw)

例えば、地声よりのミックスとよく言われている稲葉さんもおそらくそのタイプかなと。ノイズ成分が多い気がします。(本人的には、裏声の体感が強いと推察します、)

逆に、西川貴教さんなんかは、音域に比例して、体感も普通にきつくなっていくタイプの方だと推察しています。

(裏声よりと称されるアーティストさんなんかも、ほとんどはこのタイプに属すると考えています。スピッツさんや、平井堅さんなど。)

どちらにしても、僕からすれば全て素晴らしいのですが、個人的に健康的な発声は、(混合してないという意味で)後者なのかなと考えております。

これからもよろしくお願い致します!

ネモ より:

返答ありがとうございます。
因みに、特典音源はメールで送られてくるのでしょうか?

ネモ より:

今まで息漏れの裏声と思っていたものは2~3秒以上楽に伸ばせてしましました。
しっかり地声と分離できるよう練習してみます!

Haya より:

とてもわかりやすい!
次の動画も楽しみにしています!
それぞれ目安として1日何時間やればいいなど、ありますか?

ミント より:

実声と息漏れのある裏声を交互に発声したときに息漏れのある裏声が詰まったようになってしまいます。具体的にいうと、息だけがでている状態です。
痰がつまっているような感覚があり、この感覚がないときなら、ある程度の音程までスムーズにいくのですが。
どうすればいいですか?ちなみにこの痰がからむ感覚は水をのんだら、緩和されますが、一回息漏れのある裏声と実声を交互に出すことをしたらまたもとに戻ります。

ミント様

コメントいただき、ありがとうございます!

当スクールで、公式ラインができるのですが、それまでの間僕のラインでご質問いただくことは可能でしょうか。

ご迷惑をおかけしますが、ご検討のほどよろしくお願い致します。

ミント より:

ラインで質問することは可能なのですが、どうすればラインの登録ができますか?

予約フォームから直接やりとりできたらと思います!

よろしくお願いいたします!

かな より:

勉強させていただきました(*^^*)
わからない事があり、息漏れの多い裏声は数秒以上続かないとありますが、例えば宇多田ヒカルさんのファーストラブの出だしは裏声かなと思ったのですが、この声は違うという事でしょうか?

ミックスボイスは、喉仏を下げながら、首の真ん中を下げる感じで発声すると出しやすい感覚があるのですが、喉を下げるのは、被烈筋?を鍛えて、うなじを下げるのは輪状筋?を鍛えるという事で、裏声は喉仏をあげる感じにすると輪状筋が伸ばされ裏声になる?と自分なりに解釈しているのですが、間違っていないでしょうか?

よろしくお願い致します。

かな様

コメントいただき、ありがとうございます!^^

息もれの裏声と言っても、やはりグラデーションでして、少し息がもれた裏声もあれば、かなり多くの息が消費される裏声まであります。

僕の見解では、宇多田さんの裏声は十分に地声の筋肉が働いている裏声です。もちろん息もれもしているのですが。。

また、喉頭をあげると、閉鎖しやすくなるので地声の筋肉が働きやすくなる、、という性質があるので、それが関係しているかもしれません^^

喉仏をあげると輪状甲状筋が働きやすくなるわけではないので、そこは違うと言えますね^^

何かありましたら、ご質問くださいませ^^

これからもよろしくお願いいたします!

Y より:

とてもわかりやすいです。ありがとうございます。
ブログの記事を見ていて、”声帯が開いていて仮声帯が混じっている”場合があるのに驚きだったんですが、これはささやき声が混ざっている声と考えていいですか?

Y様

コメントいただき、ありがとうございます!^^

本来、声帯が開いているからこそ、仮声帯が働きやすくなってしまうケースが多いと言っていいくらいなんですね^^

柔らかい声を出していても、常に仮声帯が邪魔したくて仕方ない方はたくさんいらっしゃっていて、声の不調に苦しまれています。

また分からないことがありましたら、コメントいただけたら幸いです。

よろしくお願いいたします!

かな より:

返信ありがとうございます(*^^*)
今までいろんな記事をみていて、頭がごちゃごちゃになっていたので、宇多田ヒカルさんの解釈もありがとうございます(*^^*)
引き続き勉強させていただきます(^-^)

かな様

いえいえ^^

しかし、こんなことを言うのはおかしな話ですが、僕の話を鵜呑みにしてはいけませんよ!!笑

ボイストレーニングという分野は、常に情報が更新されており、いつでも今までの常識がひっくり返る世界です。

だからこそ、僕はノウハウを更新することや、講習会に参加するなどいまだに勉強、勉強の毎日です。

常に勉強し続け、1人でも多くの喉を救うのが僕の使命と(勝手にw)思い、日々頑張っておりますので、

これからもよろしくお願い致します^^

かな より:

返信ありがとうございます(*^^*)
頭がごちゃごちゃになっていたのでスッキリしました(^-^)
もう1つだけすみません。
歌の練習の時は、発声に30分、歌に30分といった感じで練習するのかいいのでしょうか?
よろしくお願い致します。

ile より:

分離の大切さを再認識しました。

lie様

コメントありがとうございます^^

分離は、僕がSeparateと定義するものの中でも最も基本的なものになりますので、

ぜひ丁寧に取り組まれてみてくださいね^^

これからもよろしくお願いいたします!

視野 より:

今までに聞いたことのないノウハウで、とても参考になりそうだなと思いました。これからしっかり練習していきたいです

視野様

コメントいただきありがとうございます^^

理論に基づいた体系的なノウハウで視野様の発声のお手伝いをさせていただければと思います。

これからもよろしくお願い致します。^^

あかり より:

とても参考になります。
先日、有料版のほうも購入させて頂きました!
完全版の公開もとても楽しみにしています。

あかり様

コメントいただきありがとうございます!

また、MIX構築ノウハウSBMも手にとっていただいたとのことで、本当に感謝しております。

更新部分も、確認していただけたら幸いです!ご迷惑をおかけしますが、今後ともよろしくお願いいたします!!

あかり より:

特典も楽しみにしていますね!
よろしくお願いします。

神戸 より:

わかりやすい説明ありがとうございます!
この動画ではやることをはっきりとしてあるのでとても練習に取り組みやすいです!もともと裏声がかなり苦手な発生なのでこの練習を継続していきたいと思います。

神戸様

コメントいただき、ありがとうございます^^

少しでも神戸様の発声のお役に立ちましたら幸いです!

裏声系の発声が苦手な方は多数いらっしゃいますが、適切な訓練によって良い状態に変化していきます^^

これからもよろしくお願いいたします!

dig より:

張り上げ癖があるので見直してみようと思います。
純粋なファルセットをだしてビブラートをかけようとすると 地声成分が入ってしまうのですが まだ純粋なファルセットになっていないのでしょうか?

dig様

コメントいただき、ありがとうございます^^

純粋な裏声も、「できている」「できていない」の0か100ではないので、

ある程度はできているという段階なのかもしれません^^

ですので、ビブラートやフェイクをかけた状態でも自由に発声できるように訓練してあげるのが

いいですね^^

よろしくお願いいたします!

ふーや より:

はじめまして!
分離の練習をした時に芯のある裏声になってしまい、まだまだ練習が必要なんだなぁと思いました。これから毎日頑張って継続しようと思います!

ふーや様

コメントいただきありがとうございます^^

多くの方がつまづくポイントなので、心配ないといえばないのですが、

できれば分離していった方が健康的な発声に近づきます^^

ぜひトレーニングされてみてくださいね^^

これからもよろしくお願い致します!

かりんとう より:

色んなMIXボイスの練習動画みましたが、基礎からしっかりと説明していなくて、何をすれば良いか分かりませんでした。継続的に練習してみます。

かりんとう様

コメントいただき、ありがとうございます^^

色々な考え方があって、本当に面白い!!と思う反面、何からやっていいか分からなくなるのも情報過多のデメリットですよね。

これだ!と思うものを丁寧に実践されてみてください。^^

もちろん、それが僕のメソッドであればこれ以上ないほどの喜びです^^

これからもよろしくお願い致します^^

地声最低lowC より:

はじめまして、この間カラオケに友人と行ったところ、あまりにも高音が出なかったのでメール講座に登録させていただきました。
講座自体は理論まで詳しく教えて頂いてとても助かってるのですが、
息漏れの裏声を出そうとすると地声にひっくり返ってしまいます。また、地声にひっくり返る前はヒンヒン笑いの時のような声が出ています。
こんな感じで息漏れの裏声が全く出せないのですが、このまま練習すれば出せるようになるんでしょうか。

地声最低lowC様

コメントいただき、ありがとうございます^^

いわゆる裏声の体感で出せる声があれば、それに徐々に息を混ぜていくイメージでも大丈夫ですので、

練習を継続されてみてください。^^

最初は中々息漏れのある裏声を出すことができずに、声に芯が入ってしまったり、地声にひっくり返ってしまうケースが多いですが、

徐々に発声できるようになってきます^^

これからもよろしくお願いします^^

地声最低lowC より:

返信ありがとうございます
もう一つ質問なんですけど、4秒以上続かない裏声でしたら息漏れの裏声が出来てるという認識で良いのでしょうか。

地声最低lowC様

ご質問いただき、ありがとうございます^^

基本的にはOKですが、ビブラートがかからないなど、別の基準も合わせて考えていただければ

より正確に判断いただけると思います^^

今後とも、よろしくお願い致します^^

(また、先日、公式ラインを開設しましたので、よろしければそちらもご利用くださいませ^^

http://nav.cx/ebFumKu

ボイトレ情報をこちらで配信します^^)

特典はこちらと変わりませんのでご了承ください笑

地声最低lowC より:

分かりました!ありがとうございます!LINEも登録させていただきました!

お友達登録ありがとうございます!^^

音声お送りしますので、少々お待ちくださいませ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください