自由に歌いたいならメッサ・ディ・ヴォーチェを実践しよう。

こんにちは。ボイストレーナーの金子たいとです。

あなたはこのようなことで悩んでいませんか?

 

icon-arrow-circle-o-right メッサ・ディ・ボーチェと名前は聞くけど、実際どんなトレーニングか分からない

icon-arrow-circle-o-right ミックスボイスを習得したいけれど、地声と裏声が繋がらない

確かに、メッサ・ディ・ヴォーチェという名前自体がとっつきにくい印象がありますが、正しい知識を持ってして取り組めば、

地声と裏声を連結させていく効果がある素晴らしいトレーニングです。

 

そこで、今回はあなたが低音域〜高音域まで自由に歌えるようになるためのトレーニング「メッサ・ディ・ヴォーチェ」を徹底解説します。

ぜひ、最後までご覧ください。

※ボイストレーナー金子の歌声です。当記事を参考にするかどうかの判断基準としてください

【ミックスボイスでの歌唱例】

メッサ・ディ・ボーチェ

さっそくミックスボイスを習得するためのメッサ・ディ・ボーチェをご紹介します。

やり方はシンプルで、小さい裏声「ウ」から大きな地声「ウ」に移行し、また小さな裏声「ウ」に戻す。

「ウ(裏声)」→「ウ(地声)」→「ウ(裏声)」。やり方自体は非常にシンプルですよね。

【参考音源:メッサ・ディ・ボーチェ】

 

トレーニングをするときは、下記のポイントに注意してみてくださいね。

 

POINT① 裏返らないように意識する

当たり前の話になってしまいますが、このトレーニング自体「地声と裏声を連結させる」目的があるものですから、

滑らかに移行することに全神経を集中して行ってみてください。

 

もちろん、最初はコントロールが難しく裏返ることが多いと思います。しかし、「まだ初心者だし、裏返ってもいいか」というマインドだと成長が遅れるので

注意してくださいね!

 

POINT② 小さな地声で声を出し始めないように注意する

小さな地声で声を出し始めることのないように注意しましょう。

最初から地声の要素が混じった声から地声に移行するのは、確かに滑らかに地声と裏声を移行しやすいです。

しかし、裏声から地声に移行するからこそ、不安定さが生じそれがトレーニングになるわけですね。

 

補助輪つけて自転車に乗るのは楽ですが、それをやっては。。ということです。

 

POINT③ 地声ではきちんと声量を出し切る

大きな地声ではきちんと声量を出し切るように意識してみましょう。

あくまでも最大限地声系の筋肉を発揮することが大切です。裏声〜地声の振り幅が広ければ広いほどいいのですね。

間違っても小さな地声で終わらせてはいけません!笑

 

POINT④ 息漏れで換声点を誤魔化さないようにする

これもよくあるケースですね。 換声点付近で息漏れをさせて地声と裏声の切り替わりの部分を無意識に隠してしまうのです。

 

これは絶対にやってはいけません。トレーニングにならないというのもありますが、他に動かしたくない筋肉やパーツが連動して動き出す

可能性があるので、息漏れさせることはやめましょう。

 

メッサ・ディ・ボーチェを徹底的に極めれば、一気に質の高いミックスボイスに近づく事ができますが、その分難易度が高いのも事実です。

焦らずじっくりと時間をかけて取り組んでいってくださいね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

・地声のまま高音を発声できるベルティングボイス

・裏声体感で楽に発声できるミックスの習得方法

・自動でかかり続けるビブラートの習得方法

・力を入れずに、楽に爆発的な声量を出す方法

 

などを、動画講座として公式ラインで配信しています。

 

もちろん無料で友達追加できるので、よかったら覗いて見てくださいね。
下記から公式ラインの詳細をご覧いただけます。

公式LINE

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください