地声と裏声を分離する大切さ。UVERworld TAKUYA∞さんの動画を見て。

こんにちは、ボイストレーナーの金子です。

 

レッスン終わりに、ぼんやりとYoutubeを眺めていたら、

こんな動画を見つけました。

 

人気バンド、UVERworld のボーカル TAKUYA∞ さんの動画です。

 

動画を見てもらえれば分かると思うのですが、

 

TAKUYA∞さんは、動画の中で

「高い地声を出すには、低い地声が重要だ」

と言っているんですね。

 

つまり、基本練習が大切だと。

 

実際よくよく調べてみると、アーティストとして大成功している今でも、

基本的な地声と裏声の練習を欠かさずに取り入れているそうです。

 

あれだけ歌唱力が高くても、地声や裏声の基礎を疎かにしない。

その謙虚な姿勢が、化け物級の歌唱力を確立できてるんだな…としみじみ。

 

改めて昔の自分を省みて反省しましたね。

 

というのも、僕自身が

高い声を追い求めるばかり、

“基礎的な地声と裏声の練習”をないがしろにしていたからです。

 

圧倒的に基礎を疎かにしていたのです。

 

ボイトレかじってる方は、だいたいがそうだと思いますが、

 

地声みたいな高音を出したい!

じゃあミックスボイスの練習をしよう!

 

という王道(?)のルートを突き進むと思うんですよね。

 

例にもれず、昔は僕もそのルートを爆進していました。

 

毎日のように、せっせと地声と裏声を混ぜていく

ミックスの習得に特化したトレーニングをやっていたのです。

 

小さい声で地声と裏声を繋いだり。

声を鼻に響かせまくったり。

裏声とエッジボイスを同時に出したり。

 

とにかく、ミックスボイスのしっぽを掴むためなら、なんでもガツガツやってましたね。笑

 

でも地声で張り上げるクセは抜けないし、音域は伸びないしで、

結局、ミックスを習得することはできなかったんですよね。

 

理由は単純な話です。

地声と裏声が絡まっていたからです。

 

地声と裏声は絡まる

たとえば、

開いた手のひらの小指”だけ”を曲げるって難しいじゃないですか。

薬指もいっしょに曲がってしまうはず。

 

で、そんなふうに

ごちゃごちゃに指が絡まった状態で、上手にピアノ弾けるか?

って言われたら、ムリな話なんですよね。

 

でも僕は平気でそれをやってしまっていたわけです。

 

地声と裏声がごっちゃごちゃに絡まっているのに、

それを放置して、そのまま無理やり地声と裏声を混ぜようとしてました。

 

・100%の地声を出したいのに、少し裏声が混ざる

・逆に、100%の裏声を出したいのに、少し地声が混ざる

 

 

こんなふうに、地声と裏声が絡まっていたのに。です。

上手くいかなくて当然でした。汗

 

そもそもの話、

地声と裏声を、

“本当の意味で”分けて発声できる人は、かなり少ないです。

 

レッスンしていても、全体の2割くらいしかいません。

 

だからこそ、地声と裏声を徹底的に切り離して発声できるようになってほしいと思ってます。

で、そのトレーニングがこれです。

 

地声と裏声を分離する

まずは地声。

 

【音源:純粋な100%の地声を出す】

 

純粋な100%の地声は、息の漏れが少ない力強い声です。

ポイントは、息を止めた状態でやること。

絶対に息を漏らさないように力強い地声を出してみてください。

 

次に裏声。

 

【音源:純粋な100%の裏声を出す】

 

さっきと逆ですね。

 

純粋な裏声は、息が漏れた裏声なので、

たっぷり息を漏らした裏声でやってみてください。

 

僕もそうでしたが、最初はどうしても”力強い裏声”になりがちです。

 

【音源:地声が混ざってしまった例】

 

でもそれは、地声が混ざってしまってる典型的なパターンなので、意識的に

息を吐くようにしてみてくださいね。

 

2〜3秒くらいしか息が続かないと言われている声なので、それ以上声が伸ばせたら

間違ってると思って大丈夫です。

 

ボイトレは努力を裏切らない

僕も最初は、「こんなのやって、何の意味があるの?」って思っていましたが、

コツコツ地声と裏声を分けて発声できるようにしていったら、

ミックスボイスを習得できました。

 

もちろん、僕以外にもミックスを習得してる方はたくさんいますよ。

 

たとえば、今日もレッスンを受けてくれて1年くらいになる生徒さんとレッスンしたのですが、

彼も、もともとは地声と裏声が絡まってるタイプでした。

 

そして、地声の音域もかなり狭かったんですよね。

 

地声の最高音はD4(真ん中のレ)が限界で、

「カラオケ行っても、宇宙戦艦ヤマト以外に歌える曲ないです」

と言ってましたからね。

 

そこで、地声と裏声を徹底して分ける練習から始めて、

コツコツとミックスボイスの土台を作るところから始めてもらいました。

 

そしてその結果、悲しいことに(?)

少なく見積もっても、今では教えている僕の10倍歌が上手くなっています。笑

 

ボイトレは努力を裏切りません。

方向性さえ合っていれば、才能とかセンスに関係なく結果を出せるのです。

 

今の努力は、必ず未来の歌唱力につながります。

一緒に頑張りましょう。

 

追記

 

あとから彼に聞いた話なのですが、

最近は

Youtubeに歌ってみた系の動画をちょこちょことアップし始めているみたいです。

 

さっそく登録者がポツポツ増えてきて、

「もうすぐ登録者が5000人いきそうです

と笑っていました。

 

もちろん、この数字ではまだまだ有名Youtuberとは言えないと思うのですが、

それでも、すでにできたファンとわいわいオフ会やったり、楽しく音楽活動しているみたいですね。

 

コメントもどんどんきていて、高評価もついていますし、

何より、彼には”圧倒的な歌唱力”という一朝一夕では真似できない武器があるので、

これからも彼のチャンネルは右肩上がりに伸びていくでしょう。

 

僕も今からワクワクしていて、本当に楽しみです。

 

これから何かに挑戦して、一歩一歩目標を叶えていく。

 

そんな努力を陰から応援できる立場でいられることが、

どれだけありがたいことなのか、改めて実感しています。

 

これからも、さらに質の高いレッスンを届けられるように精進していきますね。

それでは、ありがとうざいました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

・地声のまま高音を発声できるベルティングボイス

・裏声体感で楽に発声できるミックスの習得方法

・自動でかかり続けるビブラートの習得方法

・力を入れずに、楽に爆発的な声量を出す方法

 

などを、動画講座として公式ラインで配信しています。

 

もちろん無料で友達追加できるので、よかったら覗いて見てくださいね。
下記から公式ラインの詳細をご覧いただけます。

公式LINE

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください