「い」「う」で高音が出しづらくなるときの処方箋【唇と喉の分離】

こんにちは、ボイストレーナーの金子です。

 

「あ」だと高音が出るけど、「い」だと高音が出しにくい。

こんなふうに、口の形(母音)で声の出しやすさが変わってしまう人は多いです。

 

これ、シンガーからするとすごいストレスなんですよね。

 

もちろん普段の発声練習だったら、

「この曲の歌詞は全部「あ」で歌うぞ!!」とか、

自分が歌いやすいように自由にルールを決めて練習できますよね。

 

でも実際に歌う時は、めまぐるしく変化する “歌詞” を歌わなくちゃいけません。

 

だから「あ」だろうが、「う」だろうが

どんな言葉や母音、子音だったとしても、きっちり声が出てくれないと困ってしまうのです。

 

やっぱり「この口の形だと声が裏返っちゃうかなー」ってビクビクしながら

高い声を出すのは、精神的にも結構きついです。

 

正直、昔の僕と同じで

歌うことに集中できないと思います。

 

そこで今回は

どんな母音でも上手に声を出せるようにするためには、どうすればいいのか?

お話ししていこうと思います。

 

口と喉の動きを切り離そう

これ、意外に知らない人が多いと思うんですけど、

どんな口の形でも上手く歌うためには、

口と喉の動きを切り離すのが大切になってきます。

 

そもそも僕らの喉は口の形に大きな影響を受けている

という事実があるんですね。

 

もっと言えば、口を動かすと、それに釣られて喉も一緒に動いてしまう、

そんな喉の”クセ”があるわけです。

 

 

たとえば、口を横に「イ」と開くと、喉はグイッと上がり、

口を縦に「オ」と開くと、今度は反対に、喉がガクンと下がったりします。

 

 

こんなふうに、口と喉の動きがごちゃごちゃに絡まっている状態をリセットするために、

口と喉の動きを切り離していく、

 

 

つまり

口を「アイウエオ」と変えても、喉の位置は動かない、

そんな口の動きに影響を受けない喉を作っていくことが相当大事になってくるんですね。

 

 

じゃあなぜこんな面倒なことをしなくちゃいけないのか?というと、

喉と口が絡まった状態は、喉の位置が安定しないので

シンプルに歌いづらいからです。汗

 

 

基本的に、喉の位置が安定している方が歌いやすいと言われているんですね。

 

 

ただ、実際に曲を歌うときは、歌詞を歌うわけなので、

たくさん口を動かし、喉は上下に大きく暴れます。

 

 

すると喉が不安定になるので、

口の形によって高音が出しづらくなったり、

喉が詰まる感じがしたりと、歌声が不安定になるんですよね。

 

 

事実、僕自身も口と喉が絡まっていたときは、

 

「ア」だと歌いやすい音でも

「イ」で歌った瞬間に、高音が苦しくなったり、

 

あるいは、「オ」だと高音でひっくり返りそうになったりと、

歌いやすさが口の形に支配されてました。

 

 

ただ、当時の先生にガッツリ口と喉の分離を

教えてもらって

コツコツ実践していったら、どんな母音でも歌いやすくなってきたんですよ。

 

 

もちろん、今は生徒にも同じ手法を教えてますが、

みんなどの母音でも歌いやすくなってきてます。

 

 

だからこそ、これを読んでくれている皆さんも

ぜひ口と喉の動きを切り離すトレーニングをしてもらえたらと思います。

 

口と喉の分離トレーニング

僕が口と喉を分離するためにやってきたトレーニングは、

口の形をガチッと固定して、喉の位置だけを変える

という手法です。

 

喉下げ「イ」

たとえば、口の形は「い」で固定したまま

あえて下方向に喉を下げてみます。

 

【音源:「い」で喉を下げる 】

 

本来母音「イ」だと喉が上がりやすい、

癖があるわけなので

 

その癖と反対方向、つまり喉を下げてあげることで

癖がとれるんですね。

 

喉上げ「オ」

で、次は2つ目のトレーニングなんですけど、

これは、たださっきのを逆にしただけです。

「お」と口を開いて、喉を上げてみる。

 

【音源:「お」で喉を上げる】

 

本当なら「お」母音は、喉を下げやすい母音なんですが、

あえて逆方向の上方向に、喉を動かしてみる。

そうすることで、喉と唇の動きを分離できます。

 

この2つのトレーニングは鉄板で、口の動きと喉の動きを切り離す効果がかなり高いです。

 

僕も最初は半信半疑でしたが、

毎日のように電車の中でやったり、

歩いてる途中にやったりと。

 

口と喉を分離して続けていくうちに、

実際の曲で、「い」とか「う」が出てきても、普段通り安定して歌えるようになっていました。

 

ぜひ継続してみてください。

それでは、ありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

・地声のまま高音を発声できるベルティングボイス

・裏声体感で楽に発声できるミックスの習得方法

・自動でかかり続けるビブラートの習得方法

・力を入れずに、楽に爆発的な声量を出す方法

 

などを、動画講座として公式ラインで配信しています。

 

もちろん無料で友達追加できるので、よかったら覗いて見てくださいね。
下記から公式ラインの詳細をご覧いただけます。

公式LINE

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください