ミックスボイスの習得に才能が必要ない理由を超解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

今回は、ミックスボイスを習得するのに才能は必要ない理由について

詳しくお話していきたいと思います。

このブログをご覧になっている方の中には長年練習を続けたにも

関わらず、ミックスボイスのミの字も達成できなかった・・・

という方もいらっしゃると思います。

そうなると「やっぱりミックスボイスは才能なんだ・・・」

そう考えてしまうのも仕方がないことなのかなとも思います。

その一方で、正しい方法で努力すれば、誰でも習得できるミックスボイス

を習得しないままでいるのは非常にもったいない!僕はそう思います。

 

※ボイストレーナーの金子の歌声です。当記事を参考にするかどうかの判断基準としてください

(音源の最高音は、A4(hiA、高いラの音)です。

1.ミックスボイスに才能は必要ない

ミックスボイスに才能は必要ないというお話をしましたが、

以下のこういった理由です。

まず、ミックスボイスというのは、低音域から高音域まで自由に発声できる

状態のことを言います。

では、そのとき声帯はどうなっているのかというと、

低音域から高音域になるにつれて

徐々に短くしているのです。

もうお分かりだとおもいますが、

殆どの方はこの「声帯を徐々に短くする」という操作をすることができません。

ならば、その動きをできるようにボイスとレーニングで調整してやればいいということになります。

例えば声帯を短くするために必要な筋肉をつくっていったり

声帯の分厚さを保つ筋肉をつくっていったりすることですね。

ここまでで、一切才能が入り込む余地はありません。

声帯の構造にしたがって、トレーニングをすれば

声帯はその通りに動くわけですから

誰でもミックスボイスを習得することできるというわけなんです。

 

2.ミックスボイスを習得しやすい人とそうでない人の違いとは

 

ミックスボイスを習得しやすい人とそうでない人との違いについて

詳しくお話していきます。

ここまでお話してきた内容で、じゃあ、もともとミックスボイスを発声できる人はどうなの?」

と思うかもしれません。

しかし、これも簡単に説明がつきます。

はっきり言うと、以下の2パターンを「才能」というべきかどうかということです。

意味不明ですよね(笑)

詳しくお話すると、

元々ミックスボイスを発声することができるタイプの人間はだいたい2つのパターンに分かれます。

 

パターン1 声帯が短くそもそもの声が高い

パターン2 喉周りの筋肉が、言語や歌い方などの影響で自然とうまく鍛えられていた

 

 

 

プロの歌手でも高い声を得意とする歌手を挙げるとわりかし小柄な方が多いと思いませんか?

それは気のせいではなく、単純に伸長が低い方が声帯も短いことが多いのです。

では、なぜ声帯が短い方がミックスボイスを発声しやすいのでしょうか。

ミックスボイスを発声するためには、様々な筋肉が鍛えられていないといけないわけですが

声帯が短いということは「質量が小さい」わけですから「質量が大きい」声が低い人とくらべると

高い声をだすためのエネルギーは少ないわけです。

ですから、声が高く「質量が小さい」Aさんと 声が低く「質量が大きい」Bさんを比較した

場合、同じ筋肉量であれば当然Aさんの方が高音を当てやすいのは容易に想像できると思います。

 

では、もともとの声はそこまで高くない。けれど歌唱では高音域を当てられる。

こういった場合はどうなのでしょうか。

それがパターン2の喉周りの筋肉が今までの生活の中で鍛えられていた場合なのです。

この場合、声帯が長く、「質量が大きい」場合でもそれを運ぶエネルギーがあるため

高音域の発声が可能となっています。

さて、お伝えした2つのパターンを「才能」の2文字で片づけてしまうことは簡単ですが

勉強ができる・運動神経がいいといったいわゆる「才能がある人」よりも

物理的に他の人間よりも優れている理由が分かっているのが「声」という分野です。

2パターンに当てはまる人たちを「才能があった」ということもできますが

言葉は悪いですが「たまたま高音を発声しやすい発声器官」ということもできますよね。

高音を発声できる人とそうでない人の違いは、ご説明したようにはっきりとわかっているのですから

あなたに足りないものを様々なツールを使って補うことで

ミックスボイスの習得にたどり着けることができるのです。

 

3.ミックスボイスを発声できなかった僕(あなた)の強み

ミックスボイスを発声できなかった過去の僕や、今のあなたの強み

はミックスボイスが完成したのちに、発声の調整をできるようになることです。

元々ある程度うまく発声できる人は、なぜ自分がうまく歌えるのか・声を出せるのかがわかりません。

ということは、発声の調子が悪くなったときにどこが悪くなってしまったのかを

発見することができないということです。

苦労して声区融合(ミックスボイス)を身に着けた人間であれば、

発声の仕組みも理解していますし、

調子が悪い時の対処法も経験から分かります。

3-1プロ歌手でも「発声」に関しては素人?!

たとえ歌の上手なプロの歌手であったとしても

発声に関しては「素人」である場合が多いです。

プロの歌手で若かったころは高音もすんなり発声することができていたにも

関わらず、歳を重ねて声が出なくなってしまう方がいますよね。

様々なボイストレーニングの研究を年単位で重ね、

ミックスボイスを習得した僕は、声を聴いただけで

すぐにどこに問題があるのかがわかります。

(途中投げ出しそうになったこともあります(笑))

プロの歌手は素敵な声質であることが多いですし、

感情を歌に乗せるのも僕なんかよりもはるかにうまいことは承知の上です。

しかし、発声(の知識)に関しては何も苦労していなかった場合が多いので

言い方は悪いですが「ド素人」です。

声がでなくなったことはわかっていても、どこを修復したらいいか

さっぱり。こんな方は多くいらっしゃいます。

ですから、最初からミックスボイスを発声できない方にも

メリットはありますから、どうか自暴自棄にならずに

練習を続けてみてくださいね(笑)

必見:ミックスボイス養成noteのお知らせ(第1章無料公開)

(※第1章のノウハウを無料で公開しております。ぜひご覧ください。)

「ボイトレ本は持っているし、練習もしている。。でもレッスンを受けるのは難しい。

でもやっぱりミックスボイスを習得したい。」

そんな要望を1年程前から、多数いただいておりました。

 

そこで、今回当スクールでミックスボイス養成noteを販売させていただくことになりました。

ボイトレ本はもちろん素晴らしいツールなのですが、当たり前ですが、「多くの人が悩みそうな症状」を

解決するために一点集中で悩みを解決できるような訓練法をのせることができません。

 

しかし、当noteは基本的には1テーマで1記事をベースにしているため、人それぞれの症状に合った

訓練法を提供することができるようになりました。

 

さらに、今まで1000人を超える生徒様を指導してきた経験から、手本の音源はもちろんのこと、

想定されうる失敗例なども全て音源化し、収録することで、講師と生徒間の認識のずれを最小減に抑えました。

 

独学での練習で、間違った方向に歩を進めたくない方は、ぜひミックスボイス養成noteをご利用ください。

※第1章のノウハウを無料公開しています。ぜひご覧ください。

 

 icon-angle-double-right ミックスボイス養成note

最後までご覧いただいて、本当にありがとうございました。

無料カウンセリング:最速でミックスボイスを手に入れたいあなたへ

繋声~mastering mixedvoice~では、Skypeでの無料カウンセリングをご用意しました。

”あなただけのための”カスタマイズされた濃密なノウハウ

をすべてご提供しています。

発声のお悩みをじっくりとヒアリング

あなたの発声の状態を詳しく診断

あなたの発声の状態に最も効果のあるエクササイズを「すべて」提供

ミックスボイスを習得するために必要なこと・やってはいけないことをわかりやすく伝授

「スクールの説明だけで、何にも有益な情報を得られなかった!」

こんな経験をされた方は是非、繋声~mastering mixedvoice~の初回カウンセリング

に参加してみてください。

初回カウンセリング費用は、今なら無料。

理論に基づいたあなた専用のトレーニングに、きっと感動していただけるはずです。


無料で悩みを相談してみる



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

 0 件のコメントが寄せられています。
無料で有料級ボイトレ教材をプレゼント。
理想の発声を。
ボイトレ教材プレゼント。
ミックスボイスを習得しよう。
無料で有料級ボイトレ教材をプレゼント。
理想の発声を。
ボイトレ教材プレゼント。
ミックスボイスを習得しよう。