ミックスボイスで歌う歌手|実例から学ぶミックスボイス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ボイストレーナーのたいとです。

 

「どんな歌手がミックスボイスなの?」

「どこからどこまでをミックスボイスで歌っているの?」

 

と気になりませんか?

昔の僕はめちゃくちゃ気になっていました笑

 

そこで、今回はどんな歌手がミックスボイスなのか、どのようにすればミックスボイスを習得できるのかということについて

詳しく解説していきます。

 

ぜひ、最後までご覧くださいね。^^

 

【参考歌唱音声:Pretender】

※ミックスボイスで歌った音源です。

1.スピッツ 草野マサムネさん

個人的には、ミックスボイスを目指す上で一番お手本になるプロのアーティストさんだと考えています。

理由としては、高音発声の力みのなさと響きの良さがあげられます。

 

・高音は出ても、声が大きくなる/張り上げる

・優しい声は出せても、裏声にしか聞こえない

 

 

この2択のどちらかになってしまうのですが、草野さんは実際はかなりパワフルな歌声かつ力みのない発声を実現されている数少ない歌手だと言えます。

 

体感として、歌っていて苦しいということは一切ないです。

恐らく聴こえ方も、話し声のそれとはかなり違った響きになっていると思います。

 

1−1.ミックスボイス分析

ミックスボイスを分析します。

もちろん、「ここからが地声でここからがミックスだ!」と厳密に分けられるものではありません。

低音から高音までが繋がっている状態をミックスボイスと考えているからです。

今からお伝えするのは、無理やり定義しているとお考えください(汗

 

愛してるの響きだけで くなれる気がしたよ

 

ささやかな喜びを つぶれるほど抱きしめて

 

 

特に歌う際に練習になるポイントとしては、響きの「き」などですね。

「イ」という母音は、喉が上がりやすい性質があるので、苦しくなる方も多いです。

実際に歌うときは、「ウ」の口の形に近づけて「イ」というようにしましょう。

 

全体的にミックスボイスで歌えていないと、張り上げた雰囲気になってしまうので、

この曲を楽に滑らかに歌えるかが、ある程度ミックスボイスの判定になるかもしれませんね。

 

2.平井堅さん

平井堅さんは、「張り上げてしまってどうも苦しい!助けて〜!」という方が練習する曲としてピッタリです。

柔らかい発声で全く張り上げることもありませんし、音域的にもちょうど声が扱いにくくなる音域帯なので

ぜひ課題曲に取り入れてみてください。^^

 

2−1.ミックスボイス分析

 

瞳を閉じて 君を描くよ れだけでいい

 

たとえ季節が 僕を残して 色を変えようとも

 

このフレーズで練習になるのは、「それだけでいい」の「いい」のロングトーンです。

このロングトーンを全く力むことなく、余裕を持って発声できるとかなり発声は整ってきているのではないでしょうか。

 

もし余裕があれば、声量を徐々に落としてみる練習もしましょう。いきなりひっくり返ってはいけません。

 

 

こちらも、スピッツさんの曲と同様に、「イ」の母音なので、口を思い切り「イ」と開きすぎて発声しづらくならないように、

慣れないうちは「ウ」に近づけて発声しましょう。

 

また、張り上げてしまったり、極端に声のボリュームが上がってしまう方は、基礎的なところからボイストレーニングを

積み重ねていく必要があります^^

 

一緒に頑張っていきましょう。

 

3.堂珍嘉邦さん(CHEMISTRY)

堂珍さんも、美しいミックスボイスを発声されるのでかなり参考になる歌手だと思います。

 

ただし、場合によっては高音域はミックスというよりもベルティング(地声を残したまま引き上げるイメージのミックス)に近い部分もありますので、

全て参考にしてしまうと最初は喉を痛める可能性があるのでご注意ください!

 

3−1.ミックスボイス分析

 

半端な夢のひとかけらが 不意に誰かを傷つけていく

 

臆病な 僕たちは 目を閉じて離れた

 

君に言いそびたことが まだポケットの中残っている

 

指先に  触れては感   柔らかな痛み

 

4.槇原敬之さん

槇原敬之さんは、かなり裏声寄りではありますが、力みのないミックスボイスで発声されている方の1人だと考えています。

 

 

 

 

コラム:ベルティングボイスを多用する歌手

ベルティングボイスを多用する歌手をご紹介します。

ベルティングとは、簡単に言ってしまえば地声感の強いミックスボイスということです。(様々な見解あり)

ミックスボイスとベルティングの境界線は曖昧なので、そこらへんはあまり深く突っ込まないでくださいねw

 

そこで、ここでは明らかにベルティングよりだなと金子が勝手に判断した歌手をご紹介します!笑

ぜひ、参考にしてみてくださいね^^

 

L’Arc-en-Ciel hydeさん

 

hydeさんの声は太くて力強くてかっこいいですよね。

個人的には、完全にベルティングだなという印象です。

 

ミックスボイスでご紹介したアーティストさんよりも地声感が強い印象があると思います。

松崎しげるさん

松崎しげるさんは、太すぎるくらい太い高音を発声される方で有名ですが、僕はベルティング発声だと考えております。

C5(hiC)が全くC5に聴こえないくらい太く、笑っちゃうくらい凄いですw

 

それでは、実際にミックスボイスやベルティングといった発声を手に入れるための3ステップを下記で解説していきます。

 

ミックスボイスを習得する方法を動画で解説!

ミックスボイスを習得するポイントを動画で丁寧に解説しています。

よかったらご覧くださいね!

 

あなたの発声を根本から改善するSBMとは

あなたが本当の意味で自由に歌いたいのであれば、ミックスボイスを習得することは避けて通れません。

そこで、ここではSBMの3ステップでミックスボイスを効率的に習得するための方法を解説します。

ぜひ、参考にしていただけたらと思います。

 

.Separate

.Build up

.Mixed Voice

 

STEP① Separate (地声と裏声の分離)

Separateは、地声と裏声をはじめとする発声に関わるパーツ(喉頭蓋・仮声帯・軟口蓋・舌・唇・身体…etc)を独立して動かせるようにしていくことです。

 

ほとんどの方が、発声に関わる個々のパーツが「不適切に結びついている」状態でして、この状態でいくらミックスボイスの練習をしても効果が上がらない可能性が非常に高いです。

 

例えるならば、「グチャグチャに絡まった紐で、その状態でさらに綺麗に蝶結びしたい!」と言っているようなものです。

 

土台がグチャグチャですから、一見それなりに結べたとしても、必ずボロが出ます。

必ず、一旦地声と裏声を「分離」するようにしましょう。

 

STEP② Build up (パーツの強化)

Build upは、Separateで分離した地声と裏声をはじめとする様々なパーツを強化していくことです。

特に、ほとんどの方は、地声と裏声の筋力バランスに差がありすぎるので、それを同じくらいのバランスに整えてあげる必要があるんですね。

 

特に男性は、普段地声で話すことが多いので、地声の筋肉に対して、裏声の筋肉が弱いことが多いです。

このステップを徹底することで、次のステップであるミックスボイスのトレーニングの効果が劇的に上がりますから、頑張っていきましょう!

 

SETP③ Mixed Voice (地声と裏声の融合)

最後はいよいよ、地声と裏声の融合です。

STEP①やSTEP②で準備してきた素材を使って、作品を組み立てていく段階だと考えていただけたらと思います。

STEP①や②で実践してきたことが花開く段階ですから、きちんと取り組んでいきたいステップです。

 

「いや、言いたいことはわかったけど、何から始めればいいのよ?」という

ミックスボイスを習得したいあなたは、知識ゼロからミックスボイスを習得する方法を下記の記事で徹底解説しています。

ぜひご覧くださいね。^^

 icon-angle-double-right [保存版]ミックスボイスを出す練習方法や仕組みを超解説

今回は以上となります。お疲れ様でした^^

ミックスボイスを習得する方法

無料オンライン講座900人登録記念として、

喉を自由にし、圧倒的な歌唱力を身につけるための動画講座を期間限定で無料でプレゼントしています。

 

☑︎力強い高音発声

☑︎透明感のある美しいミックスボイス

☑︎音波のようなビブラート

☑︎遠くまでよく響く声量のある声

 

このような技術を手に入れて、高い歌唱力を身につけたい方のためのボイトレノウハウを全12本の動画講座にギュッと凝縮しました。

 

ぜひ、一緒に圧倒的な歌唱力を目指しましょう。


無料講座の詳細はこちら



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. yu_yu より:

    藤原基央さんはどうなんでしょうか?

    1. 金子太登 より:

      yu_yu様
      繋声~mastering mixedvoice~の記事をご覧いただいて誠にありがとうございます。
      藤原基央さんは、完全な地声と思われる方も多いかと思いますが
      繋声~mastering mixedvoice~では誤解を恐れず言えば「不完全なミックスボイス」
      と推測できると考えます。

      本来の意味でのミックスボイスを当サイトでは、低音域から高音域まで声が繋がった状態と
      定義しておりますが、それに当てはめて彼の発声を考えた場合

      例えば「天体観測」のサビ 「イマ」という ほうき星 君と二人追いかけていた

      追いかけるの「か」に着目しますと、この音域は当サイトの定義するミックスボイスであれば
      力みもとくになく、するっと発声できてしまう音域にも関らず

      藤原さんは張り上げ気味でがなって歌っています。
      もちろん表現としての「がなり」もここに含まれていると思いますが
      それにしても裏声がきちんと融合した状態での地声強めの発声(ベルティングと呼んだりもします)
      の音色とは全く異なっています。

      このような観点からもあくまでも推測にはなりますが
      ・裏声の筋肉はある程度低音域から働いている→完全な地声とは言えない
      ・中音域で少々張り上げ気味に歌う→完全に裏声と融合はしていない
      ⇒完全な地声でもなく完全なミックスボイスでもない
      「不完全なミックスボイス」で歌われている
      とのお答えになります。

      ご質問等ございましたら、コメント欄またはレッスン予約フォームからお気軽に質問していただけたらと思います。

      今後とも繋声~mastering mixedvoice~をよろしくお願い致します。

  2. 親方_女将 より:

    1年間ボイトレしてもミックスボイスを出せません。金子さんがミックスボイスを出せた瞬間は何をしていましたか?練習してだんだんミックスになってきた感じですか?
    (アーと発声して口を閉じないでそのままンーと発声したらミックスボイスが出たという人がいましたが自分は何回やってもなりませんでした。)

  3. 金子太登 より:

    親方_女将様
    繋声~ mastering mixedvoice~の記事をご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
    僕は、正しい練習法を地道に続けて、段階を踏んで徐々にミックス出来るようになりました。
    割と喉周りの筋力バランスや神経支配が元々整備されている方が
    そのような「コツ」でミックスのきっかけを掴むこともありますが
    ほとんどの方は段階を踏んで徐々に訓練していくことが結局近道だと考えております。
    僕の最新の記事のミックスボイスの練習法の記事をご覧になっていなければ是非ご覧になってみてください。
    また、失礼ですが親方_女将様の性別を教えていただけますと
    もう少し具体的なアドバイスをさせていただけるかもしれません。
    宜しくお願い致します。

    1. 親方_女将 より:

      返信ありがとうございます。これからは正しい練習法を始めていきたいと思います。記事も拝見します。m(_ _)m

      1. 金子太登 より:

        是非、地道ですが効果のあるトレーニングをおススメします。
        もし、わからないことがありましたら、
        無料カウンセリングも承っておりますので、是非ご活用くださいませ。
        これからもよろしくお願いいたします。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 7 件のコメントが寄せられています。
動画講座プレゼント
圧倒的な歌唱力を手に入れよう
動画講座プレゼント
圧倒的な歌唱力を手に入れよう