喉声バンザイ!!|喉声は改善しません。[図解付き]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

今回は喉声は改善しません。」という非常識なようで極々あたりまえなお話

をしていきます。

「ボイストレーナーに喉声を直さなければいけない

喉を開け!腹式で発声しろ!と言われるけれど

どうしても喉声になっちゃうな…」

そんなあなたの疑問に答えます。

 

1.喉声が改善されない理由とは

喉声が改善されない理由はただ1つ。

すべての発声は喉声だから。

これだけですw

 

あたりまえですが、声というのは送られてきた呼気が

声帯を震わせて振動するから作り出されるので

言ってしまえばすべての声は喉からでる声つまり「喉声」なわけですね。

 

(※決して屁理屈かましているわけではなく、喉声について正しい認識を持っておくことは

とても重要なことですよというお話ですね。)

 

2一般的に言われる喉声を改善するには

一般的に言われる喉声を改善するには、

①地声と裏声の分離 ②地声と裏声の強化 ③地声と裏声の融合

をしていく必要があります。

 

2-1①地声と裏声の分離

地声と裏声の分離をしましょう。

地声と裏声を分離することで、トレーニングをする際に

地声と裏声それぞれに100%の負荷をかけられるようにするためです。

 

地声と裏声が分けられない状態では

地声だけ裏声だけを取り出して集中的に負荷をかけることはできませんよね。

負荷が分散してしまいます。

 

2-2地声と裏声の強化

地声と裏声の強化をしましょう。

地声と裏声を強化し、筋力のバランスを同じにしてやることで

ミックスボイスをつくりやすくするためです。

 

普通、地声と裏声の筋肉バランスは偏っていることが多いです。

[地声と裏声の筋力バランス]

 

 

男性であれば地声に対して裏声の筋力が弱いことが多いですし(話し声は基本的に地声であるため、地声の筋肉が発達している)

女性であれば症状は本当に様々でして、どちらのケースも考えられえます。

 

筋力バランスが悪い場合、様々な障害が声に生じます。

 

・地声で張り上げてしまう

・地声と裏声のひっくり返りが極端に目立つ

・極端に声が細くなる

・声が枯れやすい

 

散々ですねww

 

基本的に地声と裏声の筋肉群の調整を様々なツールを使って

整えていくことでこれらの問題は解決していくものなので

辛抱強くトレーニングを続けていきましょう。

 

 

2-3地声と裏声の融合

地声と裏声の融合をしていきましょう。

つまり、ミックスボイスを作っていくということですね。

このステップが最も難しく、時間を要します。

 

毎日の少しずつのトレーニングが成長に繋がっていきますので

頑張りましょう。

 

3.喉仏(喉頭)を下げる事だけ意識するのはNG

喉仏が上がってしまうからといって、単純に喉頭を下げることだけを意識することはNGです。

喉頭を吊っている筋肉群んは何も喉頭を下げる引き下げ筋(胸骨甲状筋)だけではなく

様々な筋肉がバランスをとって喉頭を吊っています。

 

[喉頭懸垂機構]

 

全体の筋肉のバランスを見ながらまんべんなく鍛えていくことで

喉頭が安定する足場をつくることができますので

どこか1つの筋肉を徹底強化といったことは避けたほうがいいでしょう。

これらの筋肉(喉頭懸垂機構)の鍛え方は以下の記事をご覧ください。

喉声を改善するための喉頭懸垂機構の鍛え方

 

 

 

4.「喉声だぞ!腹から声だせ!」が間違いである理由

喉声を脱するには腹から声を出す必要があるという考え方は間違いです。

それについて深堀していきます。

 

4-1.当たり前ですが腹から声はでない件

当たり前なのですが、腹から声はでませんね…。

「腹から声を出す感じってことだろ!支えだよバーカ」

と思うあなたも3分で解説終わるので聴いてくださいね(笑)

 

正しい発声になっていて、お腹に圧や支えといったものを感じることはあります。

それは、声門の閉鎖が適切にされている場合に呼気がある程度

せき止められるため、お腹に圧を感じるというだけであって

お腹を直接意識しているから、発声がよくなるわけではありません。

 

 

腹式発声を意識する→発声がよくなる ×

発声がよくなる→自然とお腹に圧や支えを感じる〇 (個人差アリ)

 

 

今日からはこの認識でお願いします(笑)

 

4-2あなたが手に入れたいのはクオリティの高い「喉声」です

あなたが手に入れたいのはクオリティの高い「喉声」です。

異論は認めませんw

 

全ての発声は喉声なわけなので、喉声の中で

発声しにくい状態~発声しやすい状態があるといったイメージです。

 

喉声がいけないと思うばかり

鼻腔共鳴・腹式発声など根拠のない練習をしてしまうと

より発声が不自由になる恐れがあるので、気を付けてくださいね。

 

 

5.まとめ

この記事のポイントをまとめます。

 

・喉声が改善されない理由は、すべての声が喉声であるため

・世間一般に言われる喉声は地声と裏声に着目し、着実にトレーニングを積むことで改善される

・喉頭を下げることだけに意識をおくのではなく、全体的に筋肉バランスを見ながら鍛える

 

今回は以上となります。

最後までご覧いただいて、本当にありがとうございました。

 

無料カウンセリング:最速でミックスボイスを手に入れる全手法

繋声~mastering mixedvoice~では、Skypeでの無料カウンセリングをご用意しました。

”あなただけのための”カスタマイズされた濃密なノウハウ

をすべて無料にてご提供しています。

発声のお悩みをじっくりとヒアリング

あなたの発声の状態を詳しく診断

あなたの発声の状態に最も効果のあるエクササイズを「すべて」提供

ミックスボイスを習得するために必要なこと・やってはいけないことをわかりやすく伝授

「スクールの説明だけで、何にも有益な情報を得られなかった!」

こんな経験をされた方は是非、繋声~mastering mixedvoice~の無料カウンセリング

に参加してみてください。

理論に基づいたあなた専用のトレーニングに、きっと感動していただけるはずです。


無料で悩みを相談してみる



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

【無料】ボイトレ無料カウンセリング
あなたに合ったトレーニングを。
無料カウンセリング
カスタマイズ型ボイトレ。