ドリカム 吉田美和さんの発声・歌唱力をプロが解説【音声付き】

こんにちは、ボイストレーナーの金子太登です。

 

今回は、DREAMS COME TRUEの吉田美和さんの発声を解説します。

1.吉田美和さんの喉の使い方

松崎しげるさんの喉の使い方について徹底解説していきます。

 

まず、喉は様々な筋肉で宙ぶらりんになっていることを確認しておきましょう^^

 

【図:喉は筋肉によって吊り下げられている】

 

だからこそ、これらの筋肉を動かすことで、

 

前上 前下 後ろ上 後ろ下

 

と、喉を4方向に引っ張る(動かす)ことができます。

 

 

その中で、吉田美和さんの喉の使い方でメインで喉を引っ張っている方向は、

前下と後ろ上です。

 

【図:前下と後ろ上】

 

前下に喉を引くことで、深みのある包み込むような印象を与えることができます。

 

特に、低音域から中音域は、かなり前下が中心に入っています。

 

吉田さんの、大人っぽく独特な深みのある力強い声は、こういった繊細な喉の使い方からきていますね。

 

 

そして、高音域になると、フレーズにもよりますが、前下と同時に、後ろ上に喉を引っ張っていますね。

 

後ろ上に喉が引っ張られると、歌声が明るくなる反面キンキンした声になりやすいので、注意が必要です。

 

その点吉田さんは、前下と後ろ上のバランスを上手くとって、深みと明るさを両立させた素晴らしい声で歌われています。

前下と後ろ上を動かしてみよう

吉田さんの喉の使い方が、前下と後ろ上がメインになっていることが分かったところで、

実際に喉を前下と後ろ上に動かしてみましょう。

 

前下=ボビ・オロゴン

 

前下に喉を引っ張るときは、ボビー・オロゴンさんの真似をしましょう。

もちろんふざけているわけではないですよ。笑

ボビーさんの真似をすることで、喉を引き下げやすくなるので、試してみてください。

 

まず、喉に手を当てます。そしてボビーのモノマネ。

 

どうですか?喉がグッと下に引き下がりましたか?

 

【参考音源:ボビー・オロゴンさんの真似】

 

 

「え?でも吉田さんはこんな声じゃないよ?」と思うかもしれませんが、

これはあくまでも、極端に喉を下に引き下げた場合のトレーニングです。

 

少しだけ引き下げたり、深く引き下げたり、、と後から調整できるので、その点はご安心ください。これはトレーニングだと割り切って、思い切り喉を下げてくださいね。

 

後ろ上

後ろ上は、高い裏声を発声すると掴みやすいです。

イメージとしては、軟口蓋(喉ちんこを含む柔らかい組織)目掛けて声を出していく感じですね。

 

【参考音源:高音の裏声】

 

 

※音域はあなたの中での高音域で無理のない範囲で練習してください。

 

最初は、後ろ上に引けているのか分からないと思いますが、徐々に分かるようになっていきますから心配せずに取り組みましょう。

必見:本気で圧倒的な歌唱力を目指すあなたへ

自由な喉を構築して、圧倒的な歌唱力を習得するためのノウハウをギュッと動画講座に凝縮しました。

 

ミックスボイス

声量

ビブラート

フェイク

 

など様々なスキルを身につけて高い歌唱力を手に入れたい方は、ぜひ下から詳細をご覧くださいね。

冒頭部分のノウハウを無料公開しているので、読むだけでも勉強になると評判いただいています。^^

「自由な喉」養成講座


理想通りに歌える3ステップとは?

地声のような高音
ミックスボイス
爆発的な声量
美しいビブラート・キレのあるビブラート
…etc
など、一から高い歌唱力を身につけるための方法論を
公式LINEと動画講座を使って一からステップバイステップで丁寧に解説していきます。
無料で追加できますので、興味のある方は詳細ページをご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

金子太登
名前:金子太登。 職業:ボイストレーナー。 本当に効果のあるボイストレーニングのメソッドをお届けしたい! そんな思いからこのサイトを運営するに至りました。 皆さんと一緒に声を自由に出せる喜びを共有し、皆さんと共に成長していきたいです。 ボイトレブログもどんどん更新していきますので、是非チェックしてくださいね。
動画講座プレゼント
理想通りに歌える3STEPとは?
動画講座を無料プレゼント
理想通りに歌える3STEPとは?