清木場俊介さんの歌声・歌い方を解説【解説音声付き】

こんにちは、ボイストレーナーの金子太登です。

 

今回は清木場俊介さんの発声・歌い方について解説していきます。

1. 喉の使い方

まず、喉は筋肉で宙ぶらりんに吊り下げられているので、

前上、前下、後ろ上、後ろ下の四方向に動きます。

 

その中で清木場さんは、前上と、後ろ下に喉を引いて歌っています。

 

イメージとしてはこんな感じですね。

 

【図:清木場さんの喉の使い方】

 

喉を前上に上げることで、明るくてキラキラした声の響き

喉を後ろ下に引き下げることで、パワフルな高音を

 

作り出しているんですね。

2.前上と後ろ下

前上と後ろ下に喉を引き下げるのは分かっていただいたと思いますが、

その具体的な方法を解説していきます。

 

変な声で「イ」

変な声で「イ」と発声します。

薄っぺらいペラペラな声を出すのがポイントです笑

 

【参考音源:変な声で「イ」】

 

 

 

ボビー オロゴンさん の真似

 

ボビー・オロゴン さんの真似をしましょう。

喉を後ろ下(うなじ)方向に引っ張るような意識で声を出してみてください。

 

【参考音源:ボビーオロゴンさんの真似】

 

 

3.ミックスボイスを習得しよう

清木場さんは、力強い高音と柔らかい高音を使い分けて自由自在に操っている印象です。

ですから、そもそも今高音を出せないというのであれば、高音を出せるようになる必要があります。

 

では、高音を出せるようになるためにはどうしたらいいのか。

 

その答えは、”ミックスボイス”を習得することです。

 

ミックスボイスとは、低音の地声から高音の裏声までが一本に繋がった状態のことです。

 

【参考音源:ミックスボイス】

 

これだけだとおかしいと思うはずですが、歌うと普通です。

 

【参考音源:ミックスボイスの歌唱例】

 

 

このように、地声と裏声が完全に繋がっていれば、

 

高音で叫ぶ

声が裏返る

 

みたいなことにはならないです。スムーズに低音から高音までを歌いこなすことができます。

 

ミックスボイスの習得方法については、下の記事で解説しているのでご覧くださいね^^

[保存版]ミックスボイスを出す練習方法や仕組みを超解説

今回は以上となります。お疲れ様でした^^

必見:本気でミックスボイスの習得を目指すあなたへ

自由な喉を構築して、ミックスボイスを習得するためのノウハウをギュッと動画講座に凝縮しました。

 

ミックスボイス

声量

ビブラート

フェイク

 

など様々なスキルを身につけて高い歌唱力を手に入れたい方は、ぜひ下から詳細をご覧くださいね。

冒頭部分のノウハウを無料公開しているので、読むだけでも勉強になると評判いただいています。^^

「自由な喉」養成講座

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

・地声のまま高音を発声できるベルティングボイス

・裏声体感で楽に発声できるミックスの習得方法

・自動でかかり続けるビブラートの習得方法

・力を入れずに、楽に爆発的な声量を出す方法

 

などを、動画講座として公式ラインで配信しています。

 

もちろん無料で友達追加できるので、よかったら覗いて見てくださいね。
下記から公式ラインの詳細をご覧いただけます。

公式LINE

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください