TUBE 前田亘輝さんの声・歌唱力をプロが解説【音声付き】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ボイストレーナーの金子太登です。

今回は、TUBEの前田亘輝さんの歌い方・歌唱力をボイストレーナーが解説します。

「前田さんのように歌いたい!」

という方は根拠をもった効果のあるボイトレ解説をしていきますので、ぜひ最後までご覧くださいね。

1. 太くパワフルな高音

太くパワフルな声で高音を出す

 

どうしても高音になると声が細くか弱くなりがちなのですが、前田さんの歌声では一切そんなことを感じさせないほど

恐ろしいパワフルな高音を出しています。笑

 

で、前田さんのように歌うにはどうしたら…?ということなのですが、

簡単にいえば、次の手順を踏むことになります。

 

手順① まずは楽に高音を出す

「今すぐにでも力強い高音を出したい!」という気持ちは痛いほど分かるのですが、

まずは楽に高音を発声できないと、そもそも力強く発声することもできません。

 

だからこそ、まずは弱い声でいいので、楽に高音を発声する技術を習得しましょう。

 

STEP① 口を閉じてニッコリする

口を閉じてニッコリしましょう。

 

STEP② 地声ハミングで低音から高音まで発声する

地声でのハミングで、低音から高音まで声を繋いでみましょう。

 

【参考音源:小声で地声ハミング】

 

ポイントは、

 

「小さな声」で練習すること

息を漏らさないこと

 

です。

低音から高音まで、ずっと小さな地声で発声するイメージで取り組んでみてください。

 

理論解説(興味のある方だけどうぞ)

※トレーニングの理論を理解すると、効果が何倍にもなりますので、興味のある方のみどうぞ。

 

声を出すために必要な2枚のパーツは「声帯」と言いますが、

この2枚のパーツがパチパチと拍手をすることで声が出るわけですね。

 

そして、この声帯の近くにはもう一つ「仮声帯」というパーツがあります。

 

この仮声帯ですが、実は声帯の近くにあるので、

声帯が頑張って声を出すのを邪魔してしまうことがあるのですね。

 

【図解:声帯は仮声帯のすぐ近くにある】

 

仮声帯が邪魔していると、バリバリして音になるためすぐに分かります。

 

【参考音源:仮声帯が邪魔していない】

 

 

【参考音源:仮声帯が邪魔している】

 

こちらの方がバリバリビリビリした声色が聞き取れますよね。

このバリバリした音こそが仮声帯の音です。

 

当然声帯からしたら、仮声帯に邪魔されれば、高音も出しづらくなるわけですから、仮声帯くんには黙っていて欲しいのです。

 

そこで、ニッコリするわけです。

ニッコリと口角を上げると、生理的に仮声帯が離れる(声帯の邪魔をしなくなる)からです。

 

このように、理屈を知った上でトレーニングをすると、効果は2倍3倍になります。ぜひ理屈と実践はセットでやっていきましょう!

 

手順②    高音を力強くする

次に、高音を力強くしていくわけですが、

おすすめなのは、両手を押しながら高音を発声することです。

 

STEP① 神様に手を合わせるように両手を合わせる

神様にお祈りするときに両手を合わせると思いますが、あんなイメージで

両手の手のひらを合わせましょう。

そして、グッと両手を強く押しましょう。

 

STEP②   力強い高音を意識して高音を出す

両手を押しながら、力強い高音を意識して高音を出しましょう。

このときいきなり高音を発声するのは危険なので、今あなたが楽に

発声できるところからトレーニングを始めてくださいね。

 

【参考音源:無理のない音域で力強い声を】

 

 

STEP③ 低音から高音まで繋ぐ

低音から高音までサイレンのように「え〜〜〜〜〜〜」と滑らかに繋いでみましょう。

イメージとしては地声を持ち上げるだけですが、

本当に叫んでしまっては危険なので、苦しく感じたらSTEP②に戻って訓練を積んでから

STEP③に戻ってきてくださいね^^

 

【参考音源:力強い声で低音から高音まで繋ぐ】

 

 

理論解説(興味のある方のみどうぞ)

 

そもそも、声は「声帯」という2枚のパーツがバチバチと拍手することによって声が出ているんですね。

そして、この声帯をしっかりとくっつけて分厚く使えるようになると、高音は力強くなりやすいのです。

 

 

何か重い物を持ち上げるときに「ヴ!」と声が出てしまった経験ありますよね笑

 

あれはまさに、

身体に”適切な力が入る”→声帯が強くくっつく

 

という流れになっているんですよ。^^

 

その状況を強制的に作り出して上げるのが、今回のトレーニングということです。

両手をしっかりと押すことで、身体に力が入る。

身体に力が入ることで、声帯のくっつきがよくなる。

 

こんな理屈があってのトレーニングです。適当にトレーニングしていてもうまくいかないのでぜひ意識しながら練習してみてくださいね。

2.セクシーな息混じりの声

前田さんはもちろん、パワフルな声の出し方が魅力的なアーティストさんなのですが、

歌唱の強弱をつけるために、息混じりの声をよく使っています。

 

例えば、下の歌詞の部分なんかは息混じりの声で優しく歌っていますね。

 

 

よかったら、動画でも一緒に確認してみてください^^

 

 

ちなみに、この息がたくさん混ざったような声の出し方を「ウィスパーボイス 」と言いますが、

このウィスパーボイス を使えると、切ない情緒を表現できたり、歌にメリハリがつくので、

ぜひ覚えてしまいましょう。

 

STEP① ため息をつく

「あ〜あ、やらかしちゃった…」とばかりにため息をついてみましょう。

【参考音源:ため息をつく 】

 

どうでしょうか。これは簡単にできそうですね^^

 

STEP②    ため息に声をのせる

次に、ため息にちょっとだけ声をのせてみましょう。

怒っているときなどを想像して「は〜お前のせいだよ!」のイメージで、

「はあ〜」と嫌みったらしく声を出してみましょう笑

 

【参考音源:ため息に声をのせる】

 

STEP③ 歌に使ってみる

STEP②もできたら、今度はいよいよその声を歌で使ってみましょう^^

息をたくさん吐きすぎてしまうと息が続かなくなってしまうので、

バランスをみながら苦しくないぐらいに息を吐いていきましょう。

 

【参考音源:歌に使ってみる】

 

 

美しいビブラート

前田さんは、ビブラートも完璧に使いこなすアーティストさんです。

ビブラートって何?と思われる方も多いと多いますが、

ビブラートとは、音程の変化で声の揺れを表現するテクニックです。

 

【参考音源:ビブラート】

 

途中から声が揺れているのが分かると思います^^

また、ビブラートのやり方については、動画で詳しく解説しているので動画をご覧ください^^

今回は以上となります。お疲れ様でした^^

圧倒的な歌唱力を手に入れよう。

無料オンライン講座900人登録記念として、

喉を自由にし、圧倒的な歌唱力を身につけるための動画講座を無料でご提供しています。

 

☑︎力強い高音発声

☑︎透明感のある美しいミックスボイス

☑︎音波のようなビブラート

☑︎遠くまでよく響く声量のある声

 

このような技術を手に入れて、高い歌唱力を身につけたい方のための講座です。

 

ぜひ、一緒に圧倒的な歌唱力を目指しましょう。


無料オンライン講座



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 0 件のコメントが寄せられています。
動画講座プレゼント
圧倒的な歌唱力を手に入れよう
動画講座プレゼント
圧倒的な歌唱力を手に入れよう