いきものがかり 吉岡聖恵の発声・歌い方を解説【音声付き】

こんにちは、ボイストレーナーの金子太登です。

今回は吉岡聖恵さんの発声を徹底解説していきます。

ぜひ最後までご覧くださいね^^

1.吉岡聖恵さんの喉の使い方

吉岡さんの喉の使い方を解説していくのですが、

その事前知識として、喉の仕組みをサクッと30秒ほどで解説させてください笑

 

まず、喉というものは複数の筋肉によって宙吊りにされています。

下の図をご覧ください。

【図:喉は筋肉によって宙吊りにされている】

このように、喉が宙吊りにされているということは、

喉は固定されていないということです。

 

つまり、喉はある程度様々な方向に動かすことができるのですね。

 

その中でも特に、下記の4つの方向に喉を動かすことができます。

 

前上

前下

後ろ上

後ろ下

 

【図:喉は4つの方向に動く】

そして、吉岡さんは特に

前上と後ろ下に喉を強く引っ張って歌っています。

 

【図:吉岡さんの喉の使い方】

もともと吉岡さんの明るい声質は、喉を前上に引いていることから。

そして、それでいてパワフルな声質は、喉を後ろ下に引いていることからきていると考えていただければと思います。

 

喉を前上と後ろ下に引いてみよう

それでは、実際に喉を前上と後ろ下にそれぞれ引いてみましょう^^

喉を前上に動かす

喉を前上に動かしてみましょう。

喉を前上に動かす時は、変な声で「イ」がオススメです。

 

「イ」という母音は、5母音(あいうえお)のなかで最も喉が上がりやすい母音だからです。

ぜひ、トレーニングだと割り切って、思い切って口を横に「イ」と開いてペラペラな声で

発声していきましょう。

 

【参考音源:変な声で「イ」】

 

喉を後ろ下に動かす

次は、喉を後ろ下に動かしていきましょう。

 

STEP① 地声でハミング

出しやすい音程でOKなので、地声でハミングをしてみましょう。

鼻にビリビリした感覚があればOKです。

 

【参考音源:地声でハミング】

 

STEP② 鼻の響きを保ちながら喉を下げる

STEP①で感じている鼻の響きをなるべく保ちながら、

喉を下に下げる意識で音程を下げていきます。

 

鼻声を出しながら、ボビーオロゴン の真似をするイメージでやりましょう(大真面目)

【参考音源:ハミングをしながら喉下げる】

 

この時、うなじのあたりに喉が引っ張られる感覚があれば成功です。

ただし、これらのトレーニングは難易度は高いので、無理せずに長期的な視点で取り組んでみてくださいね^^

 

今回は以上です。お疲れ様でした^^

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

・地声のまま高音を発声できるベルティングボイス

・裏声体感で楽に発声できるミックスの習得方法

・自動でかかり続けるビブラートの習得方法

・力を入れずに、楽に爆発的な声量を出す方法

 

などを、動画講座として公式ラインで配信しています。

 

もちろん無料で友達追加できるので、よかったら覗いて見てくださいね。
下記から公式ラインの詳細をご覧いただけます。

公式LINE

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください