松崎しげるの発声をボイストレーナーが徹底解説【解説音声】

こんにちは、ボイストレーナーの金子太登です。

 

今回は、松崎しげるさんの発声を現役ボイストレーナーの視点で解説していきます。

1.松崎しげるさんの喉の使い方

松崎しげるさんの喉の使い方について徹底解説していきます。

 

喉は様々な筋肉で宙ぶらりんになっているんですね。

 

【図:喉は筋肉によって吊り下げられている】

 

だからこそ、これらの筋肉を動かすことで、

 

前上 前下 後ろ上 後ろ下

 

と、喉を4方向に引っ張る(動かす)ことができるのです。

 

 

その中で、松崎しげるさんの喉の使い方でメインで喉を引っ張っている方向は、

前上と後ろ下です。

特に高音域のパワフルな発声は、後ろ下がメインになります。

 

【図:前上と後ろ下】

 

喉を前上に引くと、声に明るさが出たり、キラキラした声色を演出することができます。

喉を後ろ下に引くと、高音域での声の太さや力強さを演出することができるわけですね。

 

喉を前上と後ろ下に動かしてみよう

松崎さんの喉の使い方が分かってきたところで、喉を動かす練習をしてみましょう。

 

 

変な声で「イ」

変な声で「イ」と発声します。薄っぺらいペラッペラの変な声を出してみましょう笑

 

【参考音源:変な声で「イ」】

 

もちろん、この声を歌に使うわけじゃないので安心してくださいね笑

あくまでも、喉を前上に強く引き上げるための訓練です。

 

また、口はしっかりと大袈裟に「イ」と横に開くようにしましょう。

というのも、「イ」という母音は、喉が上がりやすい母音なんですね。

 

だからこそ、他の母音に近づいてしまうと喉が上がりにくくなってしまうんです。

鏡などで口の形を確認して注意しながら練習をしてみてくださいね^^

 

ハミングで後ろ下に挑戦

次は地獄です笑

 

喉を後ろ下に動かせる人はほとんどいないのですが、

それくらい後ろ下は難しいです。

 

ですが、継続していくことで、後ろ下に喉を引けるようになっていきますので頑張っていきましょう。

必見:本気で圧倒的な歌唱力を目指すあなたへ

自由な喉を構築して、圧倒的な歌唱力を習得するためのノウハウをギュッと動画講座に凝縮しました。

 

ミックスボイス

声量

ビブラート

フェイク

 

など様々なスキルを身につけて高い歌唱力を手に入れたい方は、ぜひ下から詳細をご覧くださいね。

冒頭部分のノウハウを無料公開しているので、読むだけでも勉強になると評判いただいています。^^

「自由な喉」養成講座

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

・地声のまま高音を発声できるベルティングボイス

・裏声体感で楽に発声できるミックスの習得方法

・自動でかかり続けるビブラートの習得方法

・力を入れずに、楽に爆発的な声量を出す方法

 

などを、動画講座として公式ラインで配信しています。

 

もちろん無料で友達追加できるので、よかったら覗いて見てくださいね。
下記から公式ラインの詳細をご覧いただけます。

公式LINE

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください