RADWIMPS 野田洋次郎の発声・歌い方をプロが解説【音声付き】

こんにちは、ボイストレーナーの金子太登です。

今回は、RADWIMPSの野田洋次郎さんの発声を徹底解説していきます。

1.野田洋次郎さんの喉の使い方

野田洋次郎さんの喉の使い方を解説していきます。

ただ、その前に事前知識として、「喉は宙ぶらりんになっている」と事実をサクッと解説してしまいます。

 

下の図をご覧ください。

 

【図:喉は筋肉によって吊られている】

赤い四角で囲まれているのが喉ですが、その喉は

複数の筋肉によって吊り下げられています。

 

つまり、喉は宙ぶらりんになっているので、

基本的に、喉は下記の4つの方向に動かすことができます。

 

前上

前下

後ろ上

後ろ下

 

【図:喉は4つの方向に動かすことができる】

こんなふうに、喉は4つの方向に動かせるわけですが、

野田さんがメインで喉を動かしている方向は、前上と前下です。

 

【図:野田さんの喉の使い方】

前上に喉を動かす → 明るい声を演出できる(女性アイドルなどは前上が強いことが多い)

前下に喉を動かす → 深みのある男性らしい声を演出できる

 

こんなイメージで捉えていただけると分かりやすいと思います。

喉を前上と前下に動かしてみよう

野田さんの喉の使い方が分かってきたところで、実際に野田さんの喉の使い方を

丁寧に練習していきましょう。

 

喉を前上に動かす

喉を前上に動かしてみましょう。

やり方はとてもシンプルで、変な声で「イ」と発声するだけです。

 

「イ」という母音は、5つの母音の中で最も喉が上がりやすい母音とされているので、

しっかりと口を「イ」と横に開いて、薄っぺらい変な声を出すだけで、

喉を前上に上げることができます。

 

【参考音源:変な声で「イ」】

 

喉を前下に動かす

次は、喉を前下に動かしてみましょう。

前下に動かすには、ボビーオロゴンさん の声を真似しながら「オ」と発声するのが一番分かりやすいです笑

 

【参考音源:ボビーさんの声で「オ」】

 

しっかりと喉を前下に動かせるようになると、深みのある声を出しやすくなるので、ぜひ継続してみてくださいね。

今回は以上です。最後までご覧いただいてありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

・地声のまま高音を発声できるベルティングボイス

・裏声体感で楽に発声できるミックスの習得方法

・自動でかかり続けるビブラートの習得方法

・力を入れずに、楽に爆発的な声量を出す方法

 

などを、動画講座として公式ラインで配信しています。

 

もちろん無料で友達追加できるので、よかったら覗いて見てくださいね。
下記から公式ラインの詳細をご覧いただけます。

公式LINE

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください