玉置浩二さんの発声・歌い方をボイストレーナーが解説【音声つき】

こんにちは、ボイストレーナーの金子太登です。

今回は、玉置浩二さんの歌い方・発声を解説していきます。

 

1.玉置浩二さんの喉の使い方

玉置さんの喉の使い方を見ていきましょう。

その前に、事前知識として、喉が筋肉によって宙吊りにされていることをサクッと

解説させていただきます。

 

【図:喉は宙吊りにされている】

 

図の通り、喉は複数の筋肉で宙ぶらりんにされているので、

次の四方向に動かすことができます。

 

前上

前下

後ろ上

後ろ下

 

こんなイメージですね。

 

【喉は4方向に動く】

 

こんな風に、喉を4方向に動かせる中で、

 

玉置さんは、喉を前下・後ろ上

喉を引いている印象です。

 

【玉置さんの喉の使い方】

 

喉を前下に引くと、深みのある声を出しやすくなり、

後ろ上に引くと、抜けるような明るい声を出しやすくなります。

 

全然違うだろ!と思うかもしれませんが、”喉の使い方”としては

ドリカムの吉田さんと近いものを感じます。^^

 

2. 喉を前下と後ろ上に引いてみよう

玉置さんが喉を前下と後ろ上をメインに引いているのが分かったところで、

今度は実際に、喉を前下と後ろ上に引いてみましょう。

 

 

前下

喉を前下に引くには、中尾彬さんやボビーオロゴンの声を真似してみるのが一番分かりやすいです。

まず顎から下に手を下に滑らしていくと、喉仏のでっぱりがあると思います。

 

喉仏を見つけたら、喉仏を手で触りながらボビーオロゴン の声真似をします。

 

【参考音源:ボビー・オロゴン】

 

 

そうすると、喉仏がスーッと下に下がっていく感覚が分かると思います。

この時、喉は先ほどの図でいうところの前下に喉を引き下げることができているということです。

 

後ろ上

喉を後ろ上に引くには、高音の裏声発声がオススメです。

裏声「ホー」で発声していきましょう。

 

【参考音源:裏声「ホ」】

 

 

今回は以上です。最後までご覧いただいてありがとうございました^^

必見:本気で圧倒的な歌唱力を目指すあなたへ

自由な喉を構築して、圧倒的な歌唱力を習得するためのノウハウをギュッと動画講座に凝縮しました。

 

ミックスボイス

声量

ビブラート

フェイク

 

など様々なスキルを身につけて高い歌唱力を手に入れたい方は、ぜひ下から詳細をご覧くださいね。

冒頭部分のノウハウを無料公開しているので、読むだけでも勉強になると評判いただいています。^^

「自由な喉」養成講座

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

・地声のまま高音を発声できるベルティングボイス

・裏声体感で楽に発声できるミックスの習得方法

・自動でかかり続けるビブラートの習得方法

・力を入れずに、楽に爆発的な声量を出す方法

 

などを、動画講座として公式ラインで配信しています。

 

もちろん無料で友達追加できるので、よかったら覗いて見てくださいね。
下記から公式ラインの詳細をご覧いただけます。

公式LINE

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください