UVERworld TAKUYA∞の発声・歌い方を解説【音声付き】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ボイストレーナーの金子太登です。

今回は、TAKUYA∞さんの発声を徹底分析します。

1. TAKUYA∞さんの喉の使い方

TAKUYA∞さんの喉の使い方を説明するにあたって、喉の仕組みを30秒で解説させていただきます。

まず知っていただきたいのは、喉は筋肉によって宙吊りにされているという事実です。

下の図をご覧ください。

 

【図:喉は筋肉によって吊り下げられている】

こんな風に、喉は四方から筋肉によって吊るされているわけです。

 

そして、喉が吊り下げられていることによって、喉は自由に4方向に動かすことができます。

 

具体的には、以下の4方向ですね。

 

前上

前下

後ろ上

後ろ下

 

【図:喉は4つの方向に動く】

ここまで理解していただければ何も問題ありません。

 

このように喉が4つの方向に動かせる中で、

TAKUYA∞さんは、前上方向と、後ろ下方向の筋肉をメインに使って発声しています。

(もちろん全ての筋肉が働いていますが)

【図:TAKUYA∞さんの喉の使い方】

 

喉を前上に上げることで、TAKUYA∞さん特有の声の明るさ、さやわかさが演出されていて、

後ろ下で中高音域の力強さに繋がっています。

 

このように、様々な方向に喉が動く状態を作っておくことで、

TAKUYA∞さんのような声のニュアンスに近づけるときにも役立ちますし、

単純に発声の能力も桁違いに上がります。

 

喉を前上と後ろ下に動かしてみよう

実際に、喉を前上と後ろ下に動かしてみましょう。

トレーニングなので、とんでもない変な声を使いますが、

実際の曲で使う声ではないので、トレーニングとわりきってやっていきましょう笑

 

喉を前上に動かす

喉を前上に動かすには、変な声で「イ」と発声するのがオススメです。

というのも、「イ」という母音は最も喉が上がりやすい母音なんですね。

ですから、しっかりと喉を上げていくために口を思い切り横に開いて「イ」とペラペラな変な声で発声しましょう。

 

【参考音源:変な声で「イ」】

 

かなり変な声なのですが、この声を実際の歌唱で使うわけではないので、トレーニングとわりきって

おもいきり変な声を出しましょう。

 

喉を後ろ下に動かす

次は、喉を後ろ下に動かしてみましょう。

 

STEP① 口を閉じた状態で地声発声

口を閉じた状態で、地声ハミングをします。

【参考音源:地声ハミング】

 

STEP② 鼻に意識をもったまま喉を下に引く

鼻にビリビリとした感覚を保ちながら、喉を下に下げます。

 

【参考音源:鼻に響きを保ちながら喉を下に下げる】

 

うまくいくと、喉がうなじの方向に引っ張られる感覚があるので、もしそんな感覚をつかめたら成功です。

ただ、喉を後ろ下に動かすのは相当に難しいので、継続して練習していただければと思います^^

今回は以上です。最後までご覧いただいてありがとうございました。

必見:本気で圧倒的な歌唱力を目指すあなたへ

自由な喉を構築して、圧倒的な歌唱力を習得するためのノウハウをギュッと動画講座に凝縮しました。

 

ミックスボイス

声量

ビブラート

フェイク

 

など様々なスキルを身につけて高い歌唱力を手に入れたい方は、ぜひ下から詳細をご覧くださいね。

冒頭部分のノウハウを無料公開しているので、読むだけでも勉強になると評判いただいています。^^

「自由な喉」養成講座

圧倒的な歌唱力を手に入れよう。

無料オンライン講座900人登録記念として、

喉を自由にし、圧倒的な歌唱力を身につけるための動画講座を無料でご提供しています。

 

☑︎力強い高音発声

☑︎透明感のある美しいミックスボイス

☑︎音波のようなビブラート

☑︎遠くまでよく響く声量のある声

 

このような技術を手に入れて、高い歌唱力を身につけたい方のための講座です。

 

ぜひ、一緒に圧倒的な歌唱力を目指しましょう。


無料オンライン講座



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 0 件のコメントが寄せられています。
動画講座プレゼント
圧倒的な歌唱力を手に入れよう。
動画講座プレゼント
圧倒的な歌唱力を手に入れよう