T.M Revolution 西川貴教さんの発声・歌い方をプロが解説

こんにちは、ボイストレーナーの金子太登です。

今回は、西川貴教さんの発声を徹底解説していきます。

ぜひ最後までご覧くださいね^^

1.パワフルで太い高音

マイクを壊すほどの威力で歌う西川さんですが、

その魅力はやっぱり、パワフルな力強い高音だと思うんですね^^

 

声量も声の太さも一級品。

 

ですから、西川さんの声の出し方に近くには、まずはやはり高音発声を極める必要があります。

そして、そのためには、ミックスボイスというスキルを習得する必要があります。

 

ミックスボイスとは?

ミックスボイスとは、低音の地声から高音の裏声までが一本に繋がる技術です。

 

【参考音源:ミックスボイス】

 

ミックスボイスは低音の高音から高音の裏声までがスムーズに繋がっているので、

 

一度ミックスボイスを習得してしまえば、

 

声がひっくり返ったり、

高音で叫ぶことも

ありません。

 

高音を裏声ではなく、力強い地声のような声で歌うなら必須の技術ですので、習得しておきましょう。

[保存版]ミックスボイスを出す練習方法や仕組みを超解説

 

2.西川貴教さんの喉の使い方

西川貴教さんの喉の使い方を解説します。まずそれにあたって、

喉の仕組みを簡単にご説明しますね。

 

まず、喉は宙ぶらりんになっているという事実を知っていただきたいんです。

 

「は?」って感じですよね。笑

 

とりあえず、下の図をご覧ください。

【図:喉は筋肉によって宙吊りにされている】

どうでしょうか。筋肉の名前はおいておいて、

複数の筋肉が喉を吊り下げているのがわかっていただけると思います。

 

このように、喉が吊り下げられていることによって、喉は様々な方向に自由に動かすことができるんですね。

 

下記の4つの方向に喉を動かすことができるので、ぜひ覚えておいてくださいね^^

 

前上

前下

後ろ上

後ろ下

 

【図:喉は4つの方向に動く】

こんなふうに、喉は様々な方向に動かすことができる中で、

 

西川さんは、喉を

 

前下

後ろ上

 

の2つの方向に、引っ張り合いっこする形で喉を使いながら歌っています。

こんなイメージです。

 

【図:西川貴教さんの喉の使い方】

 

 

3.喉を前下と後ろ上に動かそう

では、実際に喉を前下と後ろ上に動かしてみましょう。

 

喉を前下に動かそう

喉を前下に動かすには、ボビーオロゴンさんの真似をしながら「オ」と発声しましょう。

というのも、「オ」という母音は、構造上喉が下がりやすい母音だからです。

 

【参考音源:ボビーさんをイメージしながら「オ」】

 

喉を後ろ上に動かそう

喉を後ろ上に動かしましょう。

具体的には、高い裏声発声をやります。

 

もちろん、どの音程が高いというのは人によりますが、あなたの中で無理のない高音で練習してみてください。

 

【参考音源:裏声で「ホ」】

 

また、この時のポイントは

軟口蓋(喉ちんこを含む柔らかい組織)に向かって声を当てる意識を持つことです。

分かりにくければ、後頭部でもOKです。

 

そうすることで、喉を後ろ上に引っ張ることができるのですね。

ぜひ意識してみてくださいね。

今回は以上です。お疲れ様でした^^


理想通りに歌える3ステップとは?

地声のような高音
ミックスボイス
爆発的な声量
美しいビブラート・キレのあるビブラート
…etc
など、一から高い歌唱力を身につけるための方法論を
LINE講座と動画講座を使って一からステップバイステップで丁寧に解説していきます。
無料で友達追加できますので、興味のある方は詳細ページをご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

金子太登
名前:金子太登。 職業:ボイストレーナー。 本当に効果のあるボイストレーニングのメソッドをお届けしたい! そんな思いからこのサイトを運営するに至りました。 皆さんと一緒に声を自由に出せる喜びを共有し、皆さんと共に成長していきたいです。 ボイトレブログもどんどん更新していきますので、是非チェックしてくださいね。