ケミストリー 堂珍嘉邦さんの歌い方をプロが徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

今回はCHEMISTRYの堂珍嘉邦さんのすごさをとことん検証していきたいと思います。

 

「CHEMISTRYの堂珍さんってどんな人?

どんなところがすごいの?」

こんなあなたの疑問に答えますよ!

1.低音〜高音まで安定した美しいミックスボイス

堂珍さんのような声を目指すには、力みを感じさせない声を手にいれなければいけません。

しかし、過去の僕を含め、大半の男性は高音になると、力みすぎてしまい、苦しそうに聴こえてしまいます。

 

そこで、必須となってくるのが、ミックスボイスの習得。

 

ミックスボイスとは、簡単にいえば、地声と裏声がうまく繋がった状態で歌える発声状態と思っていただければと思います。

 

この技術を習得することで、高音に入っても極端に力むことなく地声に近い響きを保ったまま高音を発声できるようになります。

 

ということで、ミックスボイスを習得するための方法をお伝えします。

 

 

2.ミックスボイスを習得するための3つのステップ

 

ミックスボイスを習得するための3つのステップをご紹介します。

 

2−1.パーツの分離 (Separate)

まずは、発声に必要なパーツの分離をしましょう。

ほとんどの方が、例えばAというパーツを動かそうとすると、その他の動かしたくないパーツであるBというパーツ

まで動かしてしまうんですね。

 

だからこそ、あなたがAというパーツを動かしたいと思ったら、Aだけを。

Bというパーツを動かしたいと思えば、Bというパーツだけを。

 

こんなふうに、パーツを分離して動かせるようにしてあげる必要があります。

 

2−2.パーツの強化(Build up)

分離したパーツを強化しましょう。

 

 

 

 

2−3.パーツの融合(Mixedvoice)

いままで調整してきたパーツを上手に扱えるようにしていきましょう。

 

 

 

 

 

CHEMISTRYの堂珍嘉邦さんについてお話していきます。

1-1運命の「ASAYAN」

堂珍義邦さんは広島県の出身で、大阪会場で

テレビ東京のオーディション番組「ASAYAN」を受けたことが音楽人生の始まりでした。

(ちなみに「ASAYAN」の最終選考まであのEXILEのATSUSHIさんも

残っていました。)

相方の川畑要さんも同じ大阪会場で審査を受け、見事にお二方とも通過。

「まあ、うかるでしょうねw」と誰もがうなずくお二方の歌声は

本当にすばらしいんです!

当時の音源がありましたのでぜひご覧ください。

 

 

「おかしくないですか?お二方とも(言い方は悪くて申し訳ないのですが)

この時点では素人ですよ?うますぎて引くレベルですw」

 

堂珍さんの優しく透き通った声

川畑さんの包み込むような豊かな声

 

これがかけ合わせの妙なんですね。

これは誰もが納得の合格です!

1-2デビューシングルから大爆発

デビューシングル「PIECES OF A DREAM」は発売6週目で

オリコン1位獲得で大爆発しました。

同じ年にアルバム「The Way We Are」を発売し

そちらも見事にトリプルミリオン。

2.堂珍嘉邦さんの魅力とは

堂珍嘉邦さんの魅力をぎゅっと凝縮してお伝えします!

 

2-1.歌がうますぎる

冒頭にもお話しましたが、頭おかしいレベルで歌が上手いです。

少し専門的な話をすると(すんなって言わないでねw)

①発声が完璧に近い

発声が完璧に近いです。

低音域もしっかりと発声できて、

高音も相当なところまで強い声で発声することができます。

 

堂珍さんはミックスボイスという発声法で歌われているわけですが

その習熟度が半端なく高いわけです。(しかも元から)

 

男性では1000人いてもミックスボイスをきちんと発声できるのは

1人いるかどうかという感じなので

素晴らしいことなわけです。

 

②声質が超いい(主観入っています)

なんといっても声質ですよね、声質が半端なくいいです。

ファンからは「クリスタルボイス」と言われているくらいです(笑)

きれいな声をしていらっしゃる方はたくさんありますが

堂珍さんは個性がある美しい声ですよね。

 

 

③ピッチ・リズム・声量どれをとっても安定感がある

ピッチ・リズム・声量どれをとっても素晴らしい!!

音程はかなり正確なのは聴いていてわかると思いますが

特筆すべきは声量です。

堂珍さんの声質はわりと柔らかく細い声なので

声量はそこそこに感じてしまいがちですが

他のアーティストと歌うとその声量のすごさが分かります。

 

2-2.イケメンすぎる

イケメンすぎます。はい。

こんだけ美形で歌があたまおかしいレベルでうまい人はなかなかいないと思います。

歌がうまい。 けど不細工(失礼)

歌が下手。  だけどイケメン

はごろごろいると思いますが。

ただ、最近は歌が上手くてイケメンな方々が続々とデビューしていくのを

みると芸能界も大変そうだなあと凡人ながらに思います。

 

2-3.頭もいい(と予想するw)

堂珍嘉邦さんは頭もいいです。

 

3.まとめ

この記事のポイントをまとめます。

・CHEMISTRY堂珍嘉邦さんは「ASAYAN」オーディションを受け芸能界入り

・イケメン×歌うまい

 

「あまりCHEMISTRYの曲聴いたことないな~というあなたは

ぜひこの機会に聴いてみてくださいね。」

今回は以上となります。

最後までご覧いただいて、本当にありがとうございました!

ボイトレ教材「SBM Regular」を無料プレゼント。

ミックスボイスを習得するためのボイトレの教科書「SBM Regular」を期間限定で無料でプレゼントしています。

 

・高い声を楽に出せる

・好きな曲を自由に歌えるようになる

・声枯れすることがなくなる

 

こんな理想の発声を手に入れるためのノウハウを詰め込みました。

 

「SBM Regular」は無料メール講座にご参加いただいた特典として、「期間限定」で無料で提供しています。

自由な発声を目指したい方は、ぜひお気軽にご参加くださいね。

 


無料メール講座に参加してみる



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. うずっこ より:

    堂珍さんのお名前、漢字が間違ってます。
    正しくは嘉邦です。

    1. 金子太登 より:

      ずっこ様
      失礼いたしました!!
      どちらも訂正いたしました。
      今後ともよろしくお願い致します。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 2 件のコメントが寄せられています。