無料メール講座を開講しました。ぜひご利用ください。

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

最近レッスンが忙しくて(言い訳)なかなかまともな記事を書くことができていません。

楽しみにしてくださっている方、本当に申し訳ないです。。

 

しかし!先日の4月17日(火)より無料のボイトレ講座をすでに開講しております!

開講して間もないのですが、すでに多くのコメントをいただいて、怠惰な僕ですが、やる気が爆発しそうです!笑

 

今回は「よりボイトレに興味がある方・発声を改善したい方」に「ブログよりも濃い内容」を提供できたらと思います。

続きを読む

1本目の動画を投稿しました。

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

 

動画投稿をようやくスタートさせたので、お知らせします。

 

今までも投稿したことがあったのですが、今以上にクオリティが低かったため削除し、

もう一度やり直すことにしました。

続きを読む

明日(4月7日)にロジャー本補助noteを公開します。【お得な情報あり】

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

 

突然ですが、お知らせです。

明日の4月7日に、「ロジャー本でミドルボイスを養成するノウハウとは」というテーマのnoteを公開します。

 

「は!?ロジャー本自体がノウハウだろーが!」と思われるかもしれないので、きちんとご説明させていただきます笑

続きを読む

なぜあなたはYUBAメソッドで混ぜ声が出せないのか

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

 

「YUBA本で長いことトレーニングしているんだけど、全然混ぜ声が

完成しない。。混ぜ声のステップではいつも地声と裏声を切り替えている。

このまま同じ練習続けていていいのかな?」

と悩んでいませんか?

 

それ、もしかしたら「やり方」が間違っているのかもしれません。

僕も、よく分からずに「ホーホー!」やっとけばええんやろ的に行っていたことがありましたが、

そこまで効果を得ることができませんでした。

 

そこで、今回はYUBAメソッドで練習をしているあなたが「なぜ」混ぜ声を習得できないのかについて

深掘りしていきます。

 

ぜひ、最後までご覧くださいね。

※ボイストレーナーの金子の歌声です。当記事を参考にするかどうかの判断基準としてください。

【参考音源:ミックスボイスの歌唱例】

(音源の最高音は、A4(hiA、高いラの音)です。

【参考音源:ミックスボイス単体】

1.そもそも息漏れの裏声ができていない

「ふざけんな」と思わないでくださいね笑

できているつもりでも、「息漏れのある裏声」をきちんと発声できている方は非常に少ないんです。

 

そこで、独学でもしっかりと息漏れの裏声が出せているのかを判断できるノウハウをご紹介します。

 

【息漏れの裏声チェック項目】

①息は2〜3秒以上続いてはいけない

②声に芯が入ってはいけない

③声が揺れてはいけない

④口の形が変わってはいけない(口の形は手でキープ)

 

 

①息は2〜3秒以上続いてはいけない

あなたは、息漏れの裏声を発声するときに、息が2〜3秒以上続いてしまっていませんか?

もし、そうならばその時点でアウト。

2、3秒以上声が出てしまうのは、声帯が閉じている(つまり、地声の筋肉が混ざっている)からです。

[参考音源:NG/声が2~3秒以上続く悪い例]

 

②声に芯が入ってはいけない

息漏れの裏声に「芯」が入っていたらダメですよ。①と同じく声帯が閉じている証拠です。

 

下記にOK・NG両方の例を載せておきますので、よかったら確認してくださいね。

 

【参考音源:OK/声に芯が入っていない】

 

【参考音源:NG/声に芯が入っている】

 

③声が揺れてはいけない

声が揺れてはいけません。

なぜなら、声を揺らしてしまうと輪状甲状筋以外の筋肉が働きだして、

上手く裏声を鍛えることができなくなってしまうからです。

[参考音源:NG/声が揺れている]

しっかりとストレートで声を出すことを意識して、輪状甲状筋だけに負荷がかかるようにしていきましょう。

④口の形が変わってはいけない

「ホ」で発声していたのに、気づいたら「ア」になっていた。。

という例がメチャクチャ多いです。

 

[参考音源:NG/口の形が変わっている]

 

口の形が無意識に変わらないように、下記のことをオススメします。

・口の形をキープするために、手で頬を抑える

・鏡の前で練習する

ぜひ参考にしてください。

 

【なぜ「ア」に変わりやすいのか】

「ホ」が高音になればなるほど、「ア」に近づく傾向にあるのは、明確な理由があります。

それは、「ア」という母音は「地声」の筋肉が働きやすいという性質があるからです。

つまり、「ア」に無意識に移行することによって、声帯を閉じる筋肉を強め

無理やり高音を出そうとしているということです。

 

 

輪状甲状筋だけに負荷をかけるためにも、しっかりと口の形をキープするようにしましょう。

2 低音から裏声を意識することを「勘違い」している

本の中で「低音から裏声を混ぜるイメージで」と弓場先生がおっしゃっていますよね。

しかし、初心者の方がその通りに実践すると、十中八九「息漏れさせたただの地声」になっています。

確かに、息漏れさせることで換声点ショックはごまかされます。でもそれは一時的なものであって、根本的な解決である

混ぜ声には1ミリも近づいていないので注意してくださいね。

 

【参考音源:NG/低音から息漏れさせた地声】

 

[参考音源:OK/低音から裏声を意識した地声]

3 地声の訓練をおろそかにしない(特に地声が弱い方)

もちろん、YUBA本には地声の訓練パートもあるわけですが、多くの方は地声をないがしろにしています。

「元から地声で話しているからOK」

こんな考え方をしていると、足元をすくわれる可能性が高いので注意しましょう。

 

下記の項目に1つでも当てはまっているならば、裏声の強化と同じくらい地声の訓練にも力を入れるべきです。

 

・少しでも息漏れがする

・D4(レ)までしっかりとした地声で発声できない

 

息漏れがするということは、まだまだ声帯をぴったりと閉じるための筋肉が備わっていないということ。

最初は弱々しくてもいいので、息を止めた状態で声を出すようにしていきましょう。

 

また、個人差はあるものの、最低でも真ん中の「レ」の音までは純粋な地声で発声できるとされています。

 

張り上げてしまううちは、しっかりと低音域から練習に取り組んでください。

しっかりと低音が出せるようになってから中音域の練習に取り組みましょう。

 

 

…ということで、YUBAメソッドを実践するのにも、細かい注意点があることがわかっていただけたでしょうか・・・?

どんなノウハウでも、自分の血肉となるまでやり込むことが重要です。

そうすることで、トレーナーについたとしてもそうでないにしても、必ず成長につながります。

一緒に頑張りましょう!

必見:ミックスボイス養成ノウハウのお知らせ(第1章無料公開)

「ボイトレ本は持っているし、練習もしている。。でもレッスンを受けるのは難しい。

でもやっぱりミックスボイスを習得したい。」

そんな要望を1年程前から、多数いただいておりました。

 

そこで、今回当スクールでミックスボイス養成noteを販売させていただくことになりました。

ボイトレ本はもちろん素晴らしいツールなのですが、当たり前ですが、「多くの人が悩みそうな症状」を

解決するために一点集中で悩みを解決できるような訓練法をのせることができません。

 

しかし、当noteは基本的には1テーマで1記事をベースにしているため、人それぞれの症状に合った

訓練法を提供することができるようになりました。

 

さらに、今まで1000人を超える生徒様を指導してきた経験から、手本の音源はもちろんのこと、

想定されうる失敗例なども全て音源化し、収録することで、講師と生徒間の認識のずれを最小減に抑えました。

 

独学での練習で、間違った方向に歩を進めたくない方は、ぜひミックスボイス養成noteをご利用ください。

※第1章のノウハウを無料公開しています。ぜひご覧ください。

 

 icon-angle-double-right ミックスボイス養成ノウハウ

最後までご覧いただいて、本当にありがとうございました。