次回からは「自由な喉」とご検索ください。

ミックスとベルティング比較レポート。【過去音源あり】

こんにちは、ボイストレーナーの金子太登です。

今回は、地声と裏声が繋がるけれど、(僕の中で)歌に使うのは如何なものかと思うミックスと、

地声を引き上げたようなミックスの2種類を比較する講座です。

 

普段僕は、このように分類分けするのは好きではないのですが、分かりやすくするため、あえて2種類に分けています。

 

まずは、ミックスボイスは仕組みだレポートで掲載した音源です。

 

【参考音源1:地声と裏声繋がる系ミックス】

 

メソッドによっては、そもそもこっち方面のミックスを正解とすることもあるようで、

方法論だけでなく、その先のゴールまでメソッドによって違うようですね。

 

 

もちろん、それが悪いと言っているわけではありません。

ただ、「なんかミックスなんだけど、、納得いかねえよおおおお!!」という過去の僕のような方は、

こっち方面だけに爆進している可能性があるので、一度考えをフラットにしてみてくださいね。

 

 

続いては、僕が「これか!地声での延長でいけるやんけ!」と歓喜した頃の音源です笑

汚いですがご視聴下さい。

 

 

【参考音源2:ベルティング】

 

懐かしいです笑

 

一見張り上げか?と思われるかもしれませんが、

実際、全く負担もないですし、辛くもないです。(完成度が低かったのはありますが)

 

(参考音源1系が絶対だという派閥の方々からすると、地声の延長での高音発声は張り上げと捉えることもあるようです)

 

こっちがおすすめ!と言いたいわけではないですが、「こういった系統の声もあっていいのでは?」と個人的に思うのです。

昨今のJPOPや、ロックなどのシンガーさんは、だいたいこっち寄りの発声ですし、むしろ参考音源1で歌うと違和感が出ることも多いとは正直思います。

 

 

 

 

まとめ:喉が自由になる仕組みを構築しよう

僕が考える自由な発声とは、「この声!これこそが正解!」と決めつけるのではなく、

喉そのものを自動化して自由にした結果、自分の発声できる声の幅が広がることだと考えています。

 

地声と裏声が繋がる仕組みもOK。

地声感を保ったまま引き上げる仕組みももちろんOK。

裏声にひっくり返す声もOK!!(しつこい)

 

こんなふうに、あなたの”声の選択肢”を増やすことを可能にするのが喉の自動化です。

喉を自動化するための仕組み作りを一緒に頑張っていきましょう^^

 

最後までご視聴いただいてありがとうございました^^

>
CTR IMG