自由な喉ボイストレーニングでは、科学的根拠に基づいた最新メソッドを使用します。

(メソッドの詳細解説は、こちらをご覧ください)

 

私自身、長年感覚的なトレーニングに取り組んできました。

 

「頭に響かせて」

「鼻に響きを持っていって」

「お腹に力を入れてみて」

 

ボーカルコーチの言うことを必死にメモにとって、懸命に練習しましたが、

思うように声が出るようになることはなく、辛く苦しい思いをしました。

 

しかしそれは当たり前だったのです。

 

なぜなら、

「頭に響く」などの感覚は

喉の筋肉を上手に動かせるようになった人間が初めて体感できる

「結果論」でしかないからです。

 

中には生まれつき歌唱力が高いトレーナーも少なくありません。

 

だからこそ、

なぜ自分が上手く歌えているのか、

その理由を具体的に説明することができず、

 

講師の感覚、すなわち

“鼻に響いている”

“頭に響いている”

という「結果論」を、「練習法」にすり替えて生徒様に指導してしまう現状があるのです。

 

 

しかしこれでは、

「急速150kmの球を投げるには、腕を早く振り下ろせばいいんだよ」

と言っているのと変わりません。

 

そもそも、私たちには

早く腕を振り下ろすための筋肉がありませんよね。

 

「腕を早く触れ」と言われたところで、

頭では分かっていても、身体がついてこないのです。

 

 

その状態で、いくら腕を早く振り下ろす練習をしたり、

投球練習をしても、永遠に速球を投げられる日はこないでしょう。

 

 

だからこそ、自由な喉ボイストレーニングでは、

できる人間の結果論を生徒様に押し付けるのではなく、

結果から逆算し、結果を出すために”今本当にやるべきこと”を細分化してお伝えします。

 

野球で言えば、

腕を早く振り下ろしたい (結果)

肩の筋肉が必要だ

80Kgのベンチプレスを10回する (今やるべきこと)

 

と、指導するのと同じように、

 

▼▼という声を出したい (結果)

そのためには、〇〇の筋肉を鍛える必要がある

だから××のトレーニングを◎◎の点に注意して練習する。(今やるべきこと)

 

といったように、

科学的根拠のあるトレーニングに基づき、

ゴールに至るまでにやるべき訓練法を細分化して、明確な形にしてお伝えします。

 

だからこそ機械的にトレーニングをこなしていくだけで、圧倒的な歌唱力を手に入れることができるのです。