ボイトレ本|ボイストレーナーが厳選した本をご紹介①

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

 

今回は僕が購入した多くのボイトレ本の中で、

 

個人的におすすめだと考える本をご紹介していきたいと思います。

 

特に独学でボイストレーニングをされている方は、

 

それぞれの本でのトレーニングで気を付けるべき箇所などを書いていきますので

 

是非参考にしてみてくださいね。

 

因みに今回の記事では、おススメのボイトレ本をすべてご紹介することはできないので、

 

数記事に分けてご紹介します。今回はその第一弾、Vol.1です!!

 

 

1.自分に合ったボイトレ本を選ぼう

必ず自分に合ったボイトレ本を選びましょう。

そうでないと、買ったはいいけど全然練習していない…

 

みたいなことになりかねません!

 

1-1ボイトレ本を選ぶ基準

 

 

ボイトレ本を選ぶ時の基準についてお話していきたいと思います。

 

基本的に以下の2つに注意して選んでいただければOKです。

  

 1.でたらめなメソッドでないか(これはこの記事や他の記事を参考にしてもらえればバッチリですね!(笑))

 

2.トレーニングとして使う本(理論書ではないということ)の場合、発声の手本が収録されているCDがついているか

 

 

まず1.についてですが、巷にでまわっているボイストレーニングのメソッドで、

とても素晴らしいものもありますが、もちろんそうでないものも多くあります。

 

そこで、この記事ではボイストレーニングをするにあたって是非おススメしたい本と

読み物として面白い本(4コラムでご紹介します)を分けてご紹介ます。

 

ですので、ボイストレーニングをガツガツやっていくんだ!という方はこれからご紹介する初級者向けの本や

中級者向けの本を選んで頂ければ間違いないと思います。

 

 

次に2.についてです。

 

ボイトレ本を購入するときは、

できれば発声のお手本が収録されているCDがついている本にすることをおススメします

発声のお手本を聴くことで、自分の発声とどこが違うのかを理解することができるからですね。

 

特にボイストレーニングをはじめて間もない初心者の場合は、

発声のお手本のCDがないと、自分のだしている声が正しいのかどうかを判断することが難しくなります。

できればCD付きの本を選びましょう!

 

 

 

1-2自分の発声レベルと相談して本を決めよう

 今現在のあなたの発声レベルをよく考慮してうえで、購入するボイトレ本を決めましょう。

ここでは、考慮して頂きたいことのなかの一つとして「音域」を挙げてみます。

 

自分にあわない音域をメインに扱っている本を購入してしまうと

その本は無駄とまではいいませんが、

あなたにあった効率的なトレーニングをすることはできないでしょう。

 

「この本は自分に合っていない・・・。」

また新しいボイストレーニングの本に手を出す・・・

といった悪循環に陥ってしまいます。

 

 

2初学者向けのボイトレ本をご紹介

 

ボイストレーニングを始めたばかりのあなたや、

これからボイストレーニングを始めるあなたへ向けたおすすめのボイトレ本をご紹介します。

 

僕が沢山買ったボイトレ本の中で内容的に優れていて

わかりやすいものをご紹介しているので、是非参考にしてみてください!

 

 

2-1 改訂版 奇跡のボイストレーニングBOOK

 

 

初学者のみなさんに物凄くおすすめしたいのが、この「奇跡のボイストレーニングBOOK」。

三重大学教育学部教授の弓場徹先生が執筆された本です。

 

 [ボイストレーニングの考え方]

 

 輪状甲状筋(裏声を発声する事で鍛えられる声帯を引き伸ばす筋肉)を息漏れのある裏声を

使って鍛えていく事をメインとしながらも、

 しっかりと地声系の筋肉である甲状披裂筋も鍛えることで

「混ぜ声」(広い意味ではミックスボイス)を作っていこうという考え方です。

 

僕が何回もこのサイトでお話していることですが

ミックスボイスを発声するには声帯周りの筋肉を

正しいトレーニングによって鍛えることが必要不可欠です。

 

以下の3ステップでミックスボイスを目指す流れとなっています。

 

1.地声と裏声をきれいにわけて発声する声の分離

2.地声・裏声の両声区の強化

3.地声・裏声の両声区の融合

 

(詳しくは僕の記事の 高い声の出し方|ミックスボイスまでのプロセス)をご覧くだい。

 

 この奇跡のボイストレーニングBOOKもしっかりとこのSTEPを踏んでいますので、

 正しく取り組むことができれば、よくわからない変なトレーニングに取り組むよりも

よほど効果のあるトレーニングをすることができると僕は考えています。

 

[この本の特徴]

1.発声のお手本が収録されているCDが付属でついてくる

この本には付属のCDがついているので、本の楽譜を読むことができない方でも

CDを聴いて真似するだけでボイストレーニングをすることができます

 

CDを聴いて何度も自分の声と発声のお手本を比べることも、特に独学でボイストレーニン

グをしていく方にはとても大切なことです。

 

2.ボイトレ初心者にとって適切な難易度

この本はボイストレーニングをこれから始める方や、初心者の方にとって

適切な難易度でボイストレーニングが構成されています。

 

ボイストレーニングをしている方や、普段から歌を歌っている方にとっては

 

「裏声」を発声したり、ある程度高い「地声」を発声することは普通のことかもしれません。

 

しかし、これからボイストレーニングを始める方や、ボイストレーニング初心者の方は

 

「歌声」を発声すること自体が少なかったわけですから、最初のうちは

 

ある程度限られた音域で練習していくことが望ましいです。

 

その点で、この本は自分に合った音域のプログラムを選択できるので、

 

おススメです!

 

 

2-2“奇跡本”でボイトレをする際の注意点

奇跡のボイストレーニングBOOKでボイトレを行う際は以下の2つのことに注意しましょう。

 

1.地声と裏声を発声する際のフォームをしっかりと固める

2.自分の声を録音して手本の発声と聴き比べる

 

1.地声と裏声を発声する際のフォームをしっかりと固めるに関してですが、

 

これが出来ていない場合、ボイストレーニングをいくらやっても

効果が出ない可能性があります。

それくらい重要なことなんですけど、実は出来ていない人が多いです。

 

ということで、「地声」を発声するときのフォームから確認していきましょう。

 

[地声を発声するときのフォーム]

・口は「ア」の形に開きます。

・その状態で息をしっかり止めます。

・息漏れがないように「アー!」とある程度大きな声で発声します。

 

これが基本となるわけですが

 

このとき

・顎を「ガクガク」と動かさない(ダジャレではありませんよ!笑)

・頭を揺らさない

・息漏れをさせない(ロングトーン10秒もつかどうかを指標にしてみてもいいと思います)

・舌は下の前歯につける

 

ことに注意してみて下さい。

 

[裏声を発声するときのフォーム]

・口は「オ」の形に開きます。

・息漏れのある裏声で「ホー!」と勢いよく発声します。

 

裏声の発声の場合も次の事に注意してみて下さい。

 

・口は必ず「オ」の形を保つ(「ア」になったり「ウ」になったりしない)

・沢山息漏れをさせる(4秒間発声できてしまうようだと、できていない可能性がある)

・顎を動かさない

・頭を動かさない

・舌は下の前歯の付け根につける

 

 

次に2.自分の声を録音して手本の発声と聴き比べる

に関してお話していきます。

 

僕の他の記事でも何度もお伝えしているのですが、

あなたの声は必ず録音するようにしてください!

 

自分ではきちんと発声しているつもりでも、

録音したものを聴くと全くできていないということは

よくあることです。

 

もちろん僕は何度も経験していますよ(笑)

特に、独学でボイストレーニングを行っていく場合には

自分の声をきちんと録音するということは

大変骨の折れる作業ですが、避けて通ることはできません。

 

ボイストレーナーについている場合は、発声を客観的に判断してもらうことが

できるかもしれませんが、独学の場合には自分だけが頼りです。

 

必ず録音を!!

 

 

 

3中級者向けのボイトレ本をご紹介

 

ボイストレーニングについて、そこそこ知識もあるし、基礎はバッチリだぜ!

という中級者向けのボイストレーニングの本をご紹介していきたいと思います。

 

3-1 改訂版 奇跡のハイトーンボイストレーニングBOOK

 

 

改訂版 奇跡のハイトーンボイストレーニングBOOK

「改訂版 奇跡のハイトーンボイストレーニングBOOK」をご紹介したいと思います。

こちらの本も「奇跡のボイストレーニングBOOK」同様に、弓場徹氏によるものですが、

別に僕は回し者でもなんでもありません(笑)

 

とにかくきちんとしたメソッドをとりいれているボイトレ本が少ない中で、

正しい理論で、尚且つわかりやすいとなるとYUBAメソッドはかなり有効なのではないか

と個人的には思っています。

 

この本も基本的なボイストレーニングの考え方は、

奇跡のボイストレーニングBOOKと同じです。

 

奇跡のボイストレーニングBOOKでトレーニングを積んで

「全部のプログラムで余裕で裏声と地声出せるようになりましたwww」

というあなたが

この本の女性用プログラムなどで補うという使い方もできます。

そういった意味でも、この本は初級者を抜けて中級者になろうとしている方におすすめというわけです。

 

では、さっそくこの本の特徴をご紹介していきたいと思います。

[この本の特徴]

1.発声の手本が収録されたCDがついてくる

 

この奇跡のハイトーンボイストレーニングBOOKにも付属でCDがついてきます。

 

このお話は先ほどのお話と一緒なので割愛します(笑)

 

2.プログラムがAからGまで設定されている

 

この本では、プログラムAからプログラムGまでの7種類という幅広い音域から

 

自分に合った音域を選択することができ、

 

自分に合った音域で無理なくボイストレーニングを行うことができます。

 

最初は無理することなく、低めの音域から始めていくことをおすすめします。

 

因みに僕は、超がつく初心者であったにもかかわらず、

 

この本のDプログラム(男性のプログラムの中で最も高い)から初めて

 

喉が壊れそうでしたので皆さんは気を付けて下さいね(笑)

 

 

 

3-2奇跡のハイトーンボイストレーニングBOOKを使う際の注意点

 

 

奇跡のハイトーンボイストレーニングBOOKを使う際の注意点を説明していきたいと思います。

 

正直言ってこれも奇跡のボイストレーニングBOOKとほぼ変わりません!!(笑)

 

「一応読んでやるか!」という感じで目を通して頂ければと思います!

 

 

1.やっぱり「地声」「裏声」のフォームを固める

 

この本でも奇跡のボイストレーニングBOOKと同じように

 

「地声」と「裏声」を発声する際のフォームを固めましょう。

 

具体的には先ほどもお伝えしましたが、

 

[裏声]

・息漏れのる裏声で「ホー!」と発声する

 

・口の形を変えない

 

・頭を動かさない

 

・舌は下の前歯につけておく

 

[地声]

 

・息漏れのない「ア」で発声する

 

・口の形を変えない

 

・頭を動かさない

 

・舌は下の前歯につけておく

 

最低限これらの事に注意して頂ければ、

ボイトレの効果は確実に感じることができると思います。

 

 

 

4コラム 僕がいままでに購入したボイトレ本

 

 僕は今までに数々のボイトレ本を購入してきました。

 

その中で、読み物として「面白い!」と思ったボイトレ本とその内容をご紹介していきたいと思います。

 

 

 

4-1通称“ロジャー本”

 

 

歌う力をグングン引き出す ハリウッド・スタイル 実力派ヴォーカリスト養成術(CD付き)

 

「“歌う力をグングン引き出す ハリウッド・スタイル 実力派ヴォーカリスト養成術(CD付き)」をご紹介していきた

いと思います!

この本はロジャーラブ氏が執筆されたことから“ロジャー本”と呼ばれたりしているみたいです。

 

[ボイストレーニングの考え方]

チェストボイス・ミドルボイス・ヘッドボイスと声区を3つに区切り、

低音から高音まで声を一本化しようという考えです。

 

YUBAメソッドが「地声」「裏声」2声区で考えるのに対して、

ロジャー本は3声区

 

考え方が違うってなんか面白いですよね!

さらにロジャー本ではファルセット(純粋な裏声)をだすことはミックスボイスが完成するまでは禁止と言い切っています。

 

ここまでくればきっと皆さんもお分かりいただけるかもしれませんが、

僕のレッスンの方針とはすべてが違います()

 

 

では、このロジャー本の特徴をご紹介していきたいと思います。

 

[この本の特徴]

 

1.発声のお手本が収録されたCDが付属でついてくる

 

「YUBAメソッドの奇跡のボイストレーニングBOOK」や

 

「奇跡のハイトーンボイストレーニングとBOOK」同じく、

 

このロジャー本にもロジャーラブ氏の発声のお手本が収録されたCDがついてきます!

 

その声が…まあすごい美声です()

 

低音から高音までがきれいに一本化された声を聴くことができ、

 

練習するモチベーションが一気にあがります()

 

2.ビブラートの練習法が解説されている

 

ロジャー本ではビブラートを習得するための練習方法が丁寧に説明されています。

 

声をだした状態で腹を繰り返し手で押し、声を揺らす感覚を掴む

 

というユニークな方法で練習していきます。

 

実際にこれで感覚を掴めるようになる方も多いのではないでしょうか。

 

ちなみに僕もこのサイトのビブラートのかけ方|正しいエクササイズを公開で、

 

ビブラートのかけ方について説明しているので、

 

よかったらチェックしてみてくださいね。

 

3.ラブノートという練習法が解説されている

 

この本では「ラブノート」というロジャーラブ氏のアイディアが沢山詰まった練習法が

 

解説されています。

 

これは実際の曲のどの部分で、

 

チェストボイスからミドルボイスに移行するのか・またはミドルボイスからヘッドボイスに

 

移行するのかということが書かれていて、

 

さらには、どこで息を吸うのか、ビブラートをかけるのかといったことまでが書かれています。

 

実際に課題曲が3曲用意されていて、それらを使って練習していきます。

 

僕は切り替える感覚がなく低音から高音までを発声できる状態を理想としてレッスン

 

をすすめていく方針なので、ここでも考え方が違いますが

 

ロジャーラブ氏も僕も(偉そうにすいません!(笑))

 

目指すところは同じです!!

 

4.ステージでの考え方が説明されている

 

実際のステージでの立ち振る舞いなどについて説明されています。

 

正直この章は僕自身ちゃんと読んでいないので、詳しいことは書けません()

 

しかし、実際にステージに立つ方や、プロ歌手を目指す方などのとっかかりとしては

 

おすすめできる内容だと思います。

 

ステージでの動き方や、観客にどのように視線を送ればいいのかなどが

丁寧に説明されています。

 

 

 

 

4-2僕が初めて購入した本はロジャー本

僕が初めて購入したボイトレ本がロジャー本です。

当時の僕はロジャー本を本屋さんで目にしたときに

 

「ミドルボイスって何!?そんな魔法の声があるの!?」と驚いたことを覚えています。

今考えれば、そんな魔法みたいな声が他の声とは別にあるわけではないので、

ちょっとアホみたいですが()

 

それでも、ロジャーラブ氏のこのロジャー本を読んでいると、自分でも高い声が出せるんだ!

といった勇気(?)をもらったのを覚えていますし、いまでも読み物としてとてもおも

しろいので時々読んだりします。

 

この記事ではコラムという形でご紹介しましたが

皆さんも興味がありましたらぜひ一度

ロジャー本の魅力を堪能してみてください!

 

声の可能性について考えさせられる本ですよ。

 

5.まとめ

この記事のポイントをまとめます。

今回は、ボイトレ初級者・中級者の方にオススメできるボイトレ本(YUBAメソッド)

と、ロジャー本をコラムという形ではありますが、ご紹介させていただきました。

 大きな本屋さんにいけばボイトレ本は沢山売られているわけですが、本当にいい本という

のはとっても少ないです。

だからこそ、数多くの本を購入して失敗してきた僕の経験を皆さんにお伝えすることで

皆さんには遠回りしないでほしい!と心から思っています。

是非今回の記事を参考にして、ボイトレ本の購入を検討してみて下さい!

よくわからない事や、質問したいことがある場合

はコメント欄にコメントしていただければできる範囲でお答えします。

また、フェイスブック・Twitterも開設しましたので、そちらの方も是非チェックお願いします!!

最後まで読んで頂いてありがとうございました。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

【無料】ボイトレ無料カウンセリング
あなたに合ったトレーニングを。
無料カウンセリング
カスタマイズ型ボイトレ。
【無料】ボイトレ無料カウンセリング
あなたに合ったトレーニングを。
無料カウンセリング
カスタマイズ型ボイトレ。