カラオケだと歌いにくい!|環境で変わる歌いやすさの真相

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

今回は、部屋などでは上手く歌を歌えるにもかかわらず、

カラオケなど環境が変わった途端にうまく歌えなくなる原因

ついてお話していきたいと思います。

実は、この疑問は僕も昔感じたことがありましたし、

最近僕の知人も同じようなことを僕に話していたので

記事にしたいと思いました!

是非ゆっくりしていってください。

1.オケの音量に注意しよう

 

カラオケに行って歌うときのオケの音量が歌いにくさの原因に

なっている場合があります。

カラオケに行って熱唱しよう!という場合についつい

オケの音量を「爆音」に設定される方が多いと思います(笑)

しかし、オケの音量をあげることは、発声が未熟な段階では

あまり得策とはいえません。それはなぜなのかを

次の項でお話していきます。

1-1男性の場合は、地声の筋肉が優勢になりやすくなる

男性の場合は、オケの音量にあわせて声量を上げると地声の筋肉が

かなり優勢になります。

基本的に、男性は地声で話しますので、地声系の筋肉が鍛えられている

ことが多いです。

逆に言えば、裏声系の筋肉は未発達であるともいえますよね。

その状態で、家などで練習している場合は

地声と裏声の筋肉バランスが弱い状態でそろっています。

例えば、地声が10 裏声が5の筋肉バランスの方がいるとします。

同じバランスに整えるには、裏声を鍛えて10にするか 地声を5にすればいいですよね。

多くの方は家で歌っているときは、この地声を5に抑えることによって

小声ミックスのような状態で歌っていると推察しています。

(詳しくは僕の記事の小声ミックスボイスからミックスボイスに移行する方法をご覧ください。)

しかし、カラオケに行ってオケを大音量にして歌うとどうでしょう。

今まで、地声5、裏声5でバランスがとれていたものが

声量を上げることで地声10、裏声5に戻るわけですから

バランスが崩れてしまいますよね。

このような理由があって、地声を張り上げてしまったり

ひっくり返ってしまったりすることがあるというわけなのです。

もちろん、地声と裏声の筋肉の発達具合がこの例と

逆の場合でも考え方は同じですよ。

2.聴覚フィードバック

 

 

歌う環境が変わると極端に歌いにくくなったり、歌いやすくなったりということが

起こる場合、聴覚フィードバックに頼っている可能性があります。

2-1聴覚フィードバックとは

聴覚フィードバックとは、簡単に説明すると

壁などに当たって跳ね返ってくる自分の声に反応する感覚のことです。

これに頼って普段歌っていると、

自分の声が跳ね返らない、すなわち聴覚フィードバックを得られない

環境では上手く歌えないという現象が起きてしまうことがあります。

お風呂で鼻歌を歌うときにうまく歌えるのは、

1.男性の場合は地声の筋肉が優勢になりやすくなる でご説明した地声系の筋肉と裏声系の筋肉のバランス

の問題もありますが、

この聴覚フィードバックが大きく関わっていると考えていいと思います。

ちなみに、これは僕がレッスンを受けている大先生(ボイストレーナーも訓練をうけます。そうするべきである

とも個人的に思っています。)

の著書で取り上げられていたお話でもあるのですが、

歌手の美空ひばりさんがある番組で

歌い手にモニターがなく聴覚フィードバックに全く頼ることが

できない状態にもかかわらず、見事な歌唱だったそうです。

2-2聴覚フィードバックに頼らない声を作る方法とは

聴覚フィードバックに頼らない声を作るためには、

普段のボイストレーニングで

柔軟性にすぐれた喉を育てていくこと

喉周りの筋肉の運動状態に敏感になることが大切です。

特定の先生についてボイトレに励んでいらっしゃる方も

独学で勉強されている方も、

やっているトレーニングが「どんな目的か」

そのときの「声の感覚」「聴こえる音」

に注意して行ってみてください。

先生に言われたことをやみくもにやっていて

成長することは少ないです。

(先生が教えていることが間違っている場合は、どんなに注意深く頑張って訓練を

積んでも成長しませんが。)

3.コラム 僕のボイストレーニング体験記

 

僕がいままでに受けてきたボイストレーニングを

雑談を交えながらだらだらと語ります(笑)

僕は、今こうやってトレーナーとして多くの生徒さんの

担当をさせていただいておりますが、

当然ここまでくるために様々な先生のもとで

レッスンを受けてきました。

 

●名前は伏せますが、アメリカの多くの有名歌手を育てたとされる

先生が開発したメソッド

●ファルセットをしっかりだすことが何よりも重要とするメソッド

●舌根の柔らかさが発声の善し悪しに繋がると主張するメソッド

●裏声を鼻腔に当てることがミックスボイスとするメソッド

 

 

などなど・・・。

それはもう数えきれないほどのレッスンを受け、書物を読み漁りましたよ(笑)

全部が全部間違いとはいいませんが、

発声の真理を知り、それを研究し生徒さんに伝えている

現在の僕からすれば

はっきりと「時間の無駄」だったと言えます。

しっかりとした知識を頭に入れる段階までに

なんと5年という歳月を費やしてしまったのですから。

ただ、その過程で得られるものももちろんありました。

ファルセットを中心として教えるメソッドは

今の僕が教えているノウハウに最も近く(といっても他のメソッドに比べてという意味ですが)

そのトレーニングをしている間裏声系の筋肉は多少なりとも

育ったように思います。

それ以外にも、でたらめなことを平気で教えている

スクールが沢山あるということも知ることができました。

きっと、あなたも

youtubeで動画をみたり・サイトを閲覧する・スクールに通う

などして思うように結果がでていないからこそ

僕のブログを見てくださっているのだと思います。

もしトレーナーになりたいのであれば

僕のように果てしない遠回りをして、沢山の間違った情報を

反面教師とするのもよいでしょうが

ただ単に声を自由にしたいだけならば、そんなことをする必要はありませんよね。

僕のブログをご覧いただいて、僕のことを信用できそうだと思ったら

まずは僕のブログでご紹介しているトレーニングを

しっかりとやってみてください。

すぐには効果は出ません。ですが、長い目でみれば

必ず成長を実感できるはずです。

4.まとめ

回は、カラオケで歌いにくい理由、歌う環境によって変わる

歌いやすさについてお話しました。

まとめると

 

●オケの音量に見合った発声のバランスにないと

発声が崩れるので歌いにくい

●聴覚フィードバックに頼った歌い方をしていると

歌う環境によっては、声の跳ね返りがないので歌いにくい

 

これらを解決するためには

正しいボイストレーニングで発声を整え、発声をしているときの

喉周りがどのような体感なのかを身体に叩き込むことが重要です。

正しいボイストレーニングについて詳しく知りたい方は高い声の出し方 |ミックスボイスまでのプロセス

で丁寧に解説していますので是非ご覧になって今日から実践してみてください。

今回も、最後までご覧いただき、本当にありがとうございました!

無料カウンセリング:最速でミックスボイスを手に入れる全手法

繋声~mastering mixedvoice~では、Skypeでの無料カウンセリングをご用意しました。

”あなただけのための”カスタマイズされた濃密なノウハウ

をすべて無料にてご提供しています。

発声のお悩みをじっくりとヒアリング

あなたの発声の状態を詳しく診断

あなたの発声の状態に最も効果のあるエクササイズを「すべて」提供

ミックスボイスを習得するために必要なこと・やってはいけないことをわかりやすく伝授

「スクールの説明だけで、何にも有益な情報を得られなかった!」

こんな経験をされた方は是非、繋声~mastering mixedvoice~の無料カウンセリング

に参加してみてください。

理論に基づいたあなた専用のトレーニングに、きっと感動していただけるはずです。


無料で悩みを相談してみる



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

【無料】ボイトレ無料カウンセリング
あなたに合ったトレーニングを。
無料カウンセリング
カスタマイズ型ボイトレ。