次回からは「自由な喉」とご検索ください。

あなたの歌声を解放する喉頭懸垂機構とその安定化とは

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

今回は、発声の土台とも言える喉頭懸垂機構についてお話をしていきます。

【参考歌唱音声:Pretender】

※ミックスボイスで歌った音源です。

1.喉頭懸垂機構とそのトレーニング法

喉頭懸垂機構とは、喉頭(声帯の家)を吊っている筋肉群の総称です。

難解な名前がついているので、とっつきづらい印象があるかもしれませんが、とっても大切な筋肉たちです。

しっかりと役割を理解していきましょう!

 

【図:喉頭懸垂機構】

※上の図のそれぞれの筋肉を下記の”アンザッツ”というトレーニングで鍛えていくとお考えください。

1.アンザッツ1

【喉頭懸垂機構】

 

アンザッツ1で鍛えることのできる甲状舌骨筋は、喉頭を上に引き上げる役割を担う筋肉です。

この筋肉が働くことで、喉頭の中にある地声系の筋肉がより活発に働くようになるので、

下記のような効果を望めます。

 

icon-arrow-circle-o-right 声量の増大

icon-arrow-circle-o-right 声の響き

icon-arrow-circle-o-right ロングトーン

 

【内喉頭筋(甲状舌骨筋と同時に鍛えられる筋肉)】

下記の図は内喉頭筋といって、喉頭の中に存在している筋肉群を示しています。

その中でも、今回のアンザッツ1(トレーニング方法)

で働く筋肉は、甲状披裂筋肉内側・横披裂筋・斜披裂筋・外側輪状披裂筋などですね。

では、トレーニング法であるアンザッツ1を解説していきます。

アンザッツ1

地声で鼻にかけたような平べったい声を出してみましょう。

【参考音源:アンザッツ1】

また、練習されるときは、下記のポイントに注意してみてください。

トレーニングの効果を最大限高めていきましょう!

 

POINT① 「イ」で発声する

アンザッツ1を実践するときは、必ず「イ」で発声するようにしましょう。

なぜなら、全母音の中で一番「イ」が喉頭の位置が上がるからです。

後述しますが、そもそもこのアンザッツ1は喉頭を引き上げる役割を担う筋肉「甲状舌骨筋」をしっかりと使っていくことが主な目的なんですね。

だからこそ、積極的に喉頭を引き上げる母音「イ」を使っていきましょう。ということです。

 

POINT② 息漏れをさせない

息漏れをさせることのないように気をつけましょう。

これについても後述しますが、このトレーニングには、地声の筋肉群をピンポイントに鍛える側面もありますので、息漏れさせてしまっては、声帯が開いてしまいますから、地声の筋肉を働かせることは難しくなってしまうのです。

 

POINT③ 音域はE4まで

音域はE4(真ん中のミ)までとして下さい。

E4以上は裏声の筋肉が働き出してしまいます。地声系の筋肉だけに刺激を与えたいので、トレーニングはE4までとして下さい。

 

動画で解説

アンザッツ1について、動画で解説しています。記事と併せてご覧ください^^

2.アンザッツ2

【喉頭懸垂機構】

アンザッツ2で鍛えることのできる胸骨甲状筋は、喉頭を下に引き下げる役割を担う筋肉です。

イメージとしては、アナウンサーのようなさわやかな声や明るい声を手に入れたい方は、

この筋肉をきちんと入れてあげるといいかなと思います。

 

【内喉頭筋】

では、胸骨甲状筋を鍛えるためのアンザッツ2を解説します。

アナウンサーのような、深みはあるけれども、明るさも共存したような声を出してみましょう。

(権力者が高笑いするイメージでもOKですね)

 

【参考音源:アンザッツ2】

アナウンサーのような、深みはあるけれども、明るさも共存したような声を出してみましょう。

(権力者が高笑いするイメージでもOKですね)

 

また、練習されるときは下記の点に注意して練習してみてくださいね。

POINT① しっかりと区切る 

発声するときは、一回一回きちんと区切るようにしましょう。

毎回息を止めるつもりでOKです。

【参考音源:区切れていない例】

POINT② 喉仏を上げすぎない

喉仏を上げすぎないようにしましょう。

【参考音源:喉仏が上がりすぎてしまった例】 

 

POINT③ 喉仏を下げすぎない

喉仏を下げすぎないようにしましょう。

【参考音源:喉仏を下げすぎてしまった例】

 

3.アンザッツ3a

【喉頭懸垂機構】

アンザッツ2と同じじゃないかと思われるかもしれませんが、鍛え方が異なるのと、

内喉頭筋で鍛えられる部分がアンザッツ2と違います。

アンザッツ2と同じじゃないかと思われるかもしれませんが、鍛え方が異なるのと、

内喉頭筋で鍛えられる部分がアンザッツ2と違います。

【内喉頭筋】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、さっそくアンザッツ3aのトレーニング方法をみていきましょう。

 

【参考音源:アンザッツ3a】

太い声・深い声を意識してトレーニングをしてみて下さい。分かりづらければ、ボビーオロゴンでOKですw

また、トレーニングをするときは、下記のポイントに気をつけてみてくださいね。

 

POINT① 喉仏(喉頭)がなるべく上がらないようにする

喉仏はなるべく上がらないように注意しましょう。

高音になるにつれて、喉仏が上がってきて「軽い音色の声」になりがちですが、

それと反対方向の下方向に抑え込む意識が大切です。

[参考音源:喉仏が上がってしまった例]

喉仏(喉頭)が上がって、声が軽くなっているのが分かりますね。

POINT② 息が漏れないようにする

地声のトレーニング全般に言えることですが、なるべく息が漏れないように気をつけましょう。

“息を止めた状態で”トレーニングすることがオススメです。

【参考音源:息が漏れてしまった例】

 

 

POINT③ 張り上げて大きな声にならないようにする

高音になるにつれ、極端に声を大きくすることは避けましょう。

声帯に大きな負担がかかりますので気をつけてくださいね。

 

4.アンザッツ3b

【喉頭懸垂機構】

アンザッツ3bで鍛えることのできる筋肉の中心は、甲状舌骨筋です。

しかし、そもそもこの3bという概念はかなり曖昧なので、ここでは筋肉を鍛えるという意識よりも、

こういった声が出せるようになるということが大切だとお考えください。

 

では、さっそくアンザッツ3bのやり方に入っていきましょう。

【参考音源:アンザッツ3b】

また、トレーニングをするときは、下記のポイントに注意してみてくださいね。

 

POINT① 声量を抑える

まずは、これです。声量を落としましょう。

大きな声でやればやるほど、地声の筋肉群を働かせることになります。その状態でバランスを取れればOKなのですが、ほとんどの方は無理です。

ですから、超小声とまではいかなくても、「地声と裏声が繋がりやすいな」と思う声量まで一旦声量を落としてあげることをお勧めします。

 

POINT②  息漏れさせない

アンザッツのトレーニング全てに言えることですが、特に3bでは気をつけましょう。

多くの方は、換声点(声のひっくり返るポイント)を隠そうとするため、息を多く吐くことで誤魔化してしまう癖があります。

それでは意味がないですし、そもそも息を吐くこと自体が仮声帯や喉頭蓋など声帯を阻害する可能性のある組織を動かしてしまう原因になることもあるので、しっかりと息を止めた状態で練習して下さい。

 

5.アンザッツ4

【喉頭懸垂機構】

アンザッツ4で鍛えることのできる筋肉は、胸骨甲状筋と口蓋咽頭筋です。

漂うような裏声が特徴的で、オペラチックな裏声を想像していただけるといいかもしれません。

 

【参考音源:アンザッツ4】

 

 

【内喉頭筋】

 

6.アンザッツ5

【喉頭懸垂機構】

 

【内喉頭筋】

【参考音源:アンザッツ5】

 

”支えのあるしっかりとした裏声”といったイメージですね。

喉頭が上がることにより、内喉頭筋の間筋や側筋が働き出しやすくなるので、

地声のような質感も感じられるようになってきます。

 

(しかし、最も地声らしさを作り出す声帯筋(甲状披裂筋内側/内筋)が働いていないので、

いわゆる地声には聞こえません)

 

 

POINT あくまでも裏声主体

 

このアンザッツ5番は、あくまでも裏声であるという意識でトレーニングを行うようにしてください。

地声のような重さを感じるようであれば、内甲状披烈筋が働いているので、間違えています。

 

 

7.アンザッツ6

【喉頭懸垂機構】

輪状咽頭筋が強く働き、声帯の伸展が強く促された声です。

ほとんどの方は、喉を後ろ下に引くという感覚が無いため、

アンザッツ6番は特に丁寧に繰り返しトレーニングすることをおすすめします。

 

【内喉頭筋】

【参考音源:アンザッツ6】

 

 

2.アンザッツ全体で気をつけるポイント

POINT① 最初はアンザッツ4・5・6を中心に

特にトレーニングの最初期は、アンザッツ4・5・6を中心にトレーニングを組むようにしてください。

つまり、裏声の練習をメインにするということですね。

なぜなら、地声は裏声に比べて非常に固着しやすい性質を持っているからです。良くも悪くも地声は癖がつきやすいんですね。

まずは、裏声で喉の柔軟性を獲得することから始めてみましょう。

POINT② 慣れてきたら、”ランダム”に

アンザッツに限ったことではないのですが、慣れてきたらトレーニングする順番はランダムにするようにしてください。

 

実は、喉自体に筋肉のメモリー機能が備わっていることが分かっています。

要するに、前の筋肉の動きから、次の筋肉の動きを誘導したり・・ということを、頭で考えるまでもなく勝手に喉が覚えていて実践してしまうというわけです。

 

ですので、

 

1日目 A→B→C  2日目 A →B→C  3日目 A→B→C  

 

と繰り返していると、動きに慣れてトレーニング効果が低くなるとともに、喉の固着化が進む可能性があるので、

 

1日目 A→B→C 2日目 A→C→B  3日目 C→A→B  といったように順番をごちゃ混ぜにしてみましょう。

 

POINT③ 音色は極端に

音色はあなたが思っているよりも極端に変えることを意識してください。

多くの方は、喉頭を自由に動かす動きに慣れていません。

 

ですから、「動かし過ぎる」なんて心配はしなくて大丈夫です。 

それよりも、トレーニングによって筋肉を動かせていない心配をするようにしてくださいね!

(恥ずかしがっている場合ではないのです!笑)

今回は以上となります。お疲れ様でした^^

ミックスボイスを習得する方法


 

無料オンライン講座読者様600人突破記念として、

喉を自由にし、ミックスボイスを習得するためのボイトレの教科書「SBM Regular」を無料でプレゼントしています。

 

力強い高音発声の習得方法

美しいミックスボイスの習得方法

声量のあるパワフルな声の構築方法

美しいビブラートのかけ方

何曲歌っても声が枯れない方法論

 

このような理想の発声を手に入れるためのノウハウを12本の動画講座に詰め込みました。

 

自由な発声を目指したい方は、ぜひお気軽に無料講座を読んでみてくださいね。

 

最新情報をチェックしよう!
>
CTR IMG
動画講座プレゼント
ミックスボイスを習得しよう。
動画講座プレゼント
ミックスボイスを習得しよう。